赤ちゃんが熱中症になると起きてしまう3つの症状

7138d083a23a32bbb98589cf93cb6bca_s
熱中症は軽い症状から重度のものまで、段階的に複数の症状が表れます。
赤ちゃんの症状に応じて受診の緊急性も異なりますので、熱中症の段階に合わせてどのような症状が出るのかをご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

Ⅰ度(軽度)

体温は平熱なのですが、顔色が悪くなり、めまいや立ちくらみが起こります。
脳への血流が一時的に不十分になった時に起こる症状で『熱失神』と呼ぶこともあります。
重度の場合は血圧低下によるショック症状を起こす場合もあります。
また、発汗に伴う塩分(ナトリウムなど)の欠乏により、筋肉に痛みが生じたり、こむら返りを起こすこともあります。
このような症状を『熱けいれん』と呼ぶこともあります。その他、大量の汗をかくことがあります。

スポンサーリンク

Ⅱ度(中度)

気持ちが悪くなり、ぐったりとした症状が見受けられます。
頭痛や吐き気などを伴い、嘔吐することもあります。
場合によっては40℃くらいまで発熱することもあります。『熱疲労』『熱疲弊』と呼ばれることもあります。
暑さによって体が疲れてしまうことが原因のため、動きの少ない赤ちゃんであっても周囲の環境によって陥りやすい症状です。

スポンサーリンク

Ⅲ度(重度)

顔色は悪く、唇が青黒くなります。
呼びかけに反応しないもしくは反応がおかしい、体がガクガクする、真っ直ぐに歩いたりハイハイ出来ないなど、意識障害や手足の運動障害・けいれんなどの症状が起こります。
また、高体温になっているので、体がとても熱くなっているのも特徴です。
大量の汗によって体の水分が不足し、血液はドロドロになっていきます。
このため、血液の流れは悪くなり、血栓(血の塊)が出来、それらの詰まりなどによって臓器の機能不全が起こります。
『熱射病』や『日射病』の状態でもあります。
もはや体温を調節する体温中枢の機能はほとんど機能しなくなっており、大変危険な状態です。
大至急病院に行かないと命に関わる場合もあります。

おわりに

赤ちゃんが一番なりやすい症状はⅡ度の『熱疲労』『熱疲弊』とⅢ度の『熱射病』です。
夏場、炎天下で車内に置かれた子供が熱射病で命を落としたり救急車に運ばれる事例が後を絶ちませんが、この時の症状がそれらに該当します。
そこで、熱中症に陥らないように、元気があるか、体温が上がってないかどうか確認することは勿論ですが、唇や舌が乾いてないか、皮膚が乾燥してカサカサしていないか、など初期症状(脱水症状)のサインを見逃さないように注意をすることが大切です。
また、夏場だけでなく冬場も熱中症の症状がでることがありますので、室温の調節や赤ちゃんの状態チェックは怠らないようにしたいものですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする