赤ちゃんが脱水症状になってしまう3つの原因と対処法

7150163611_1ca4e668ce_b
赤ちゃんの体は大人に比べて水分が多く、脱水症状になりやすいです。
体も小さく、体力のない赤ちゃんにとっては、脱水症状といえども重症化しやすいもの。
脱水症状についてよく知っておいて、その原因と対処法を知っておきたいところですね。

スポンサーリンク

赤ちゃんの体はほとんど水分

赤ちゃんの身体は柔らかくて、いかにも水分がつまっていそうなピチピチとした体です。
実際、成人した大人でも60%は水分でできているのですが、小さい赤ちゃんだとその割合は75~80%ともっと上がります。

そのため、少し水分が足りなくなるだけで、脱水症状に陥ってしまうことがあります。

スポンサーリンク

赤ちゃんに必要な水分量

1日の水分摂取量の目安は、乳児の場合体重1kgに100mlだと言われています。
つまり、生まれたての赤ちゃんは3kgですので、300mlくらい。
1歳にもなると、1リットルくらい必要になってきます。
幼児になると1kgあたり70mlくらいに減ってきます。

しかし半年になる前の赤ちゃんでも、赤ちゃんによっては1リットル程水分を欲しがる子もいますので、欲しがるだけあげましょう。
水分不足に陥ると赤ちゃんは不機嫌になります。

スポンサーリンク

脱水を起こしてしまう3つの原因

以下は脱水症状になってしまうタイミングです。

  • 室温を高くし過ぎている
  • 厚着をさせ過ぎている
  • 暑い日の外出
  • 哺乳瓶やスパウトを嫌がる(おっぱいを嫌がる)
  • 下痢をしてしまっている
  • 風邪をひいている

こうしてみると脱水症状を起こす主な原因として考えられるのは

「暑さ」「水分を拒否」「体調不良」

の3つが挙げられそうですね。
原因に応じた対処法をおこない、水分不足を防ぎましょう!

暑さが原因で脱水になっている場合

衣服や気温が原因で、脱水になることがあります。
赤ちゃんの体の表面積の割合(体重÷表面積)は、大人よりもかなり大きくなっています。
そのため、汗をかきやすく、ちょっとしたことで脱水に陥ることがあります。

赤ちゃんは思っているよりも、寒さに強いです。
過剰な厚着はさせない・室温を上げすぎないことが脱水を防ぐ対策の一つです。

水分を飲んでくれない場合

ある程度大きくなってくると、おっぱいを嫌がったり、哺乳瓶やストローなどのマグを嫌がったりすることがあります。
母乳のママなどは、ママの体調などによっていきなり母乳が出なくなることもあるため、他の方法から水分を摂る練習も対処法のひとつかもしれません。

また、脱水症状を疑う要因として、オシッコの回数も目安となります。
あまり神経質になる必要はありませんが、水分不足であまりにも不機嫌になっているようでしたら、意識して水分を与えてあげるようにしましょう。

体調不良で脱水になっている場合

赤ちゃんは体調不良になると、水分を嫌がったり、飲んでも吐いたりしてしまうことがあります。
半日ほど下痢や嘔吐を繰り返して、水分を失っているようなら、病院へ受診し相談をしてみてください。

場合によれば、点滴が必要な場合もあります。

The following two tabs change content below.
鹿野 かの子

鹿野 かの子

奈良県出身。 結婚するまでは仕事に遊びに忙しくしていたが、結婚を機に初めて県外へ出る。 これまで実家でぬくぬく過ごしていたが、一気に転勤族へ。 乳児を抱え、2回転勤する。 育児に加え、どこでも楽しく生きていく方法を模索し、勉強中。 趣味は旅行と手芸、子どもの写真撮影。
スポンサーリンク
赤ちゃんが脱水症状になってしまう3つの原因と対処法
この記事をお届けした
Baby Happiness! <ベビハピ!>の
最新ニュースをいいねしてチェック!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする