赤ちゃんの夏の服装は肌着がポイント!猛暑を涼しく快適にするコツ

暑い夏!赤ちゃんの服装や肌着はどうすればいい?

大人と比べて赤ちゃんや子供は汗っかきで暑がりです。
体もまだできていないので、体調を崩したり汗疹などの肌トラブルも心配ですよね…。

暑いからって薄着にすればいいの?肌着はつけなくていいの?
夏場の服装はけっこう悩ましいものです。

f2815b36b3495fe66761c90a5e4d5ddd_s

赤ちゃんが夏を涼しく快適に過ごすには、肌着がポイントとなります!

自宅・外出先・就寝時…様々なシーンでベストな赤ちゃんの服装とは?
暑いことによるリスクとともに、涼しく快適に過ごせる服装などのコツをご紹介します!

スポンサーリンク

夏の暑さが赤ちゃんにとって危険?そのリスクとは

暑い夏は赤ちゃんの体温調整に気を配らなくてはいけません。
特に注意したい点についてご説明していきます。

体温調整が未発達

赤ちゃんは体温調整機能が未発達です。
大人と違って、あまり上手く体温を一定に保つことができないんですね。
外気温の変化にとても弱いので、暑がりかつ寒がりなんです。

夏場は外にでるととても暑いですが、クーラーのきいた室内は寒いもの。
急激な温度変化で風邪を引いたりしてしまうこともあります。

ベビー肌着や上着などを活用して、体温調整をすることが大切です。

暑さによるリスクとは?

夏の暑さは赤ちゃんにとって命取りとなることがあります。
先述の通り、赤ちゃんは体温調整が上手ではありません。
暑いところにずっといると、体の中に熱がこもってしまい、高体温になることも。
いわゆる「うつ熱」状態となってしまうのです。

うつ熱状態が続くとSIDS(乳幼児突然死症候群)のリスクが高まります。
他にも熱中症や脱水症状、夏風邪などのリスクもでてくることでしょう。

赤ちゃんにとって快適な環境を作ることが、夏のリスクを予防します。

水分補給をしっかり!

夏は汗をかく!これは当然ですよね。
特に赤ちゃんは汗っかきですから肌着もすぐにびっしょりに。

たくさん汗をかくということは、それだけ水分も欲しています。
しっかりと水分補給をしてあげないといけません。
夏場に赤ちゃんが脱水症状になるリスクを減らしましょう。

目安としては体重1kgあたり100mlの補給が必要です(体重10kgまでの場合)。
さらに夏場は発汗量が多いので、プラスして水分補給しないといけません。

ただ、夏場に汗をかくとミネラルも不足してしまいます。
真水だけでは、水中毒になってしまう可能性もなくはありません。
ベビー用の麦茶や経口補水液などでミネラル分も補給しましょう。

肌着でうまく体温調整

赤ちゃんの体温調整のためには肌着の活用がおすすめです。
詳しくは後述しますが、肌着の着用は適度に体の熱を放出してくれます。
汗を吸収して気化し、暑くなりすぎるのを防ぐのです。

また、肌着をつけていれば冷房による急な冷えも防げます。
ロンパースタイプであれば、お腹を冷やして下痢になることも減るでしょう。

赤ちゃんの夏の服装には肌着をぜひ着用していものです。

スポンサーリンク

夏の服装、実は肌着を着た方が赤ちゃんも涼しい!

夏は肌着を着たほうが涼しく過ごせます。
赤ちゃんの体温調節のためにもぜひベビー肌着を身につけさせましょう。

体温上昇を抑えるので涼しい

肌着が汗を吸収し、それが気化することで体表熱が発散されます。
簡単に言うと、肌着のおかげで効率よく汗が乾いて涼しくなれる、ということです。

体の表面の熱が放散されると、体温上昇も防げます。
赤ちゃんが夏の暑さで以上に体温が上がることを肌着で防げるということですね。

ベタつきの不快感が減る

暑さだけでなく、肌のベタつきも嫌なものですよね。
赤ちゃんは汗っかきですから、衣服と肌の間に汗がべっとりすることも珍しくありません。
当然、赤ちゃんだって不快感を得てしまうのです。

ベビー肌着を身に着けていれば、夏の不快感を軽減できます。
汗を効率よく吸収・乾燥させることで快適な状態を保つことができるでしょう。
夏場に機嫌が悪い時は肌着でカラッとさせてあげると良いでしょう。

衛生的で肌荒れ防止にも

ベビー肌着の着用は涼しさや快適性だけでなく、衛生面でも重要です。
赤ちゃんは暑がりですからたくさん汗をかきます。
汗そのものは汚くないですが、湿ったままの状態では雑菌の繁殖が促進されます。
かいた汗がそのままになると、赤ちゃんの体は臭くなりますし、肌荒れや汗疹の原因にもなるのです。

ベビー肌着を着用していれば、適度に汗を吸収・発散・乾燥してくれます。
お肌がサラサラの状態になれば、涼しいだけでなく衛生的に過ごすことができるのです。

スポンサーリンク

夏の肌着がもたらす赤ちゃんへのメリット

夏でもベビー肌着はぜひとも着用したいものです。
赤ちゃんが肌着を着ることで、どのようなメリットがあるのか見て行きましょう。

暑さの軽減

先述の通り、ベビー肌着は赤ちゃんに涼しく快適な環境をもたらします。

肌着によって汗がすみやかに吸収・気化されます。
そのため、着用しない時よりも涼しく快適に過ごすことができます。

冷房の冷えを防ぐ

夏は暑さだけでなく、冷房の冷え対策も大切です。

外と室内の急激な温度差は赤ちゃんに良くありません。
体温調整が上手ではないので、周囲の環境に大きく影響されてしまうからです。
急激な冷えは赤ちゃんの体を冷やしてしまい、風邪や下痢などの体調不良の原因にも。

ベビー肌着を一枚着ているだけで、体温の急激な低下を防げます。
暑さだけでなく、冷え対策にもベビー肌着は一役買っているんですね!

汗疹を予防

赤ちゃんのお肌はとても敏感です。
汗をかいてそのままにしていると、汗疹や肌荒れの原因になります。

夏用のベビー肌着は吸湿・速乾が期待できる素材でできています。
適度に汗を吸収して、雑菌の繁殖などが防げるのです。

赤ちゃんの柔肌を守るためにも、ぜひ夏には肌着を着用させましょう。

機嫌が良くなる

汗をたくさんかくと、ベタつきやヌルつきがきになりますよね。
大人でも「なんとなく気分が良くない」ものですが、赤ちゃんも同じなのです。

肌着が汗を吸収してくれれば、肌の不快なベタつきが減ります。
快適な環境になることで、赤ちゃんの機嫌を損なうリスクが減ることでしょう。
また、肌着の着用で気化熱により涼しく快適になります。

結果として、夏でも赤ちゃんは機嫌よく過ごすことができるのです。
赤ちゃんにとっても、ママにとってもこれは大きなメリットと言えるのではないでしょうか。

赤ちゃんの夏の寝間着は?肌着は着せる?

日本の夏の夜は蒸し暑くなることが少なくありません。
赤ちゃんは暑がりですから、タオルケットをかけても足で蹴ってしまうことがありますよね。
真夏の夜、赤ちゃんにとってはなかなか寝苦しいものです。

肌着をちゃんと着せよう

夏場のベビー肌着は薄手で吸湿・速乾素材がオススメです。
肌がサラッとして快適ですし、気化熱により涼しくなります。
メッシュタイプであれば風通しもよく、心地よく眠ることができるでしょう。

お腹を冷やさないために
熱帯夜ではクーラーや扇風機が欠かせません。
しかし、赤ちゃんの体が冷えてしまうのでは?という不安もありますよね。
せっかくタオルケットをかけても、蹴ってしまうこともあるでしょう。

そんな時に便利なのが腹巻きです。
最も冷やしたくない、赤ちゃんのお腹を守ります。
お腹だけなのでそれほど嫌がられることもないでしょう。

夏の外出時、赤ちゃんの服装は?肌着は?

夏は気温だけでなく日差しにも注意したいところです。
赤ちゃんの肌は弱いですから、外出時には気をつけましょう。
強い紫外線を浴び続けると日焼けの他に、水ぶくれ・火傷といった症状を引き起こすこともあります。
また、大人になってからシワ・シミができやすくなったり、免疫力の低下や皮膚がんのきっかけにもなりえます。

赤ちゃんの外出時の注意点もぜひ覚えておいてください。

肌着は長袖?それとも半袖?

赤ちゃんの肌を紫外線から守りたい!
だからといって長袖の服や肌着を着る必要はありません。
長袖ならば紫外線を防ぐことができますが、汗による肌荒れが心配です。
なので、基本は半袖の肌着・洋服でOKです。

日焼け対策としては子供用の日焼け止めを塗りましょう。
ベビー・キッズ用ならば刺激が弱いので比較的安全です。

抱っこするとお腹が出ちゃう…

夏は肌着の上に半袖シャツ、というスタイルがほとんどですよね。
涼しくて良いものですが、セパレートタイプの肌着だと「お腹が出る」こともしばしば。
抱っこをした時に裾がめくれてしまい、お腹や背中が丸出しになってしまうものです。

汗が乾くと気化熱によって体の表面が冷えます。
お腹を出したままにしてしまうと、胃腸を始めとした内臓の調子を悪くすることも。
夏でも案外、体を冷やす子は少なくないものです。

小さいうちはセパレートタイプよりもロンパースタイプの方が良いかもしれません。
お尻までカバーしてくれ、お腹が出てしまう心配がないからです。

2歳前後になれば多少お腹が出ても大丈夫。
もちろん、冷やさないことは大切ですが、赤ちゃんよりも体が強くなっています。
セパレートタイプの肌着でも良いでしょう。
お腹がでたら、すぐに直してあげれば大丈夫です。

帽子は被らせるべき?

夏の外出時にはなるべく帽子を着用させましょう。
赤ちゃんはまだ毛量が少なく、直接日差しを頭皮に受けやすいものです。
強い日差しを頭に受け続けることは日焼けもそうですし、脱水症状の原因にもなります。

できればツバが広めのタイプでゴムひもつきがベスト。
ただ、赤ちゃんによっては帽子を嫌がる子もいます。
どんなタイプでも良いので、お気に入りをまずは一つ見つけましょう。

サングラスもつけてみよう!

一生の内で浴びる紫外線量の8割を18歳までに浴びると言われています。
まだまだ発達段階の赤ちゃんの目に大量の紫外線を浴びせることは良くありません。
視力の低下や目の病気になる危険性があります。

できれば赤ちゃんのうちから、夏はサングラスをかけるという習慣があると最高です。
目を守ることができ、将来の視力低下に悩むリスクが大幅に減ります。

とはいえ、多くの赤ちゃんはサングラスを嫌がることでしょう。
その場合は帽子やベビーカーカバーなどを活用してあげてください。
なるべく目に強い光が入らないようにすることが大切です。

紫外線から将来の視力を守る!子供用サングラス5つの効果と4つの選び方
夏は熱中症や脱水症状など赤ちゃん・子供にとって怖いことがたくさんあります。 ママやパパはそれら...

夏場、自宅ならば服装は肌着一枚が楽ちん!

家にいる時はどのような服装でいると良いでしょうか?
赤ちゃんの夏場の部屋着についても考えてみます。

基本は肌着一枚でOK

自宅にいる時はなるべく涼しい格好がベストです。
クーラーをつけていても、夏場は体に熱がこもりやすいもの。
ベビーウェアなどは着せずに肌着一枚でも十分です。

サラサラ素材の涼しい肌着を

クーラーがついていても、赤ちゃんは汗をかくものです。
夏場は建物が熱を持ってしまうため、どうしても暑く感じやすいもの。
マンションの場合はその傾向がより強くなります。

自宅で過ごす場合も吸湿・速乾肌着を身につけましょう。
サラサラ素材であれば、赤ちゃんも涼しく快適に過ごすことができますよ♪

自宅では体の冷えに注意!

赤ちゃんにとって冷えは大敵です。
免疫力や胃腸が弱るので風邪や下痢・便秘をしやすくなります。

クーラーがついている自宅で過ごす場合、定期的に赤ちゃんの体に触りましょう。
手足が冷えすぎている場合は長袖を着せるのもありです。

お腹については、腹巻きをすることで冷えを予防できます。
寝間着の時に使用するもので構いません。

ベビハピ!的まとめ

今回は赤ちゃんの夏の服装や肌着の着用についてご説明しました。
厚着をすると暑いのでは…?と思いがちですが、実は肌着を着たほうが涼しくなれるって驚きです。

日本の暑い夏は、赤ちゃんにとっても非常に辛いもの。
涼しい服装や装備を準備するのはもちろん大切ですよね。
外出、自宅、就寝時…それぞれに合った服装や肌着の着用を心がけてあげてくださいね。

夏は涼しく快適に!赤ちゃんの健康を第一に考えていきましょう!

The following two tabs change content below.
麹町 敏郎
ネットを中心にフリーのライターとして活動している37歳。2014年10月1日に第一子が生まれたのをきっかけに、育児サイトを作りたいと思い「ベビハピ!」を立ち上げました。親近感ある記事をお届けできればと思っています!
スポンサーリンク
赤ちゃんの夏の服装は肌着がポイント!猛暑を涼しく快適にするコツ
この記事をお届けした
Baby Happiness! <ベビハピ!>の
最新ニュースをいいねしてチェック!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする