赤ちゃんの虫歯いつから気をつける?原因は?予防と対策も知りたい!

d8ea67710ad5b72c959fc02c242c7944_s


「自分の子どもは虫歯になって欲しくない!」
虫歯で苦労してきたママやパパなら、強く思うことでしょう。

実際にデンタルヘルスで最も大切なのは、「予防」です。
小さいうちから虫歯に気をつけていれば、大人になってから苦労することがありません。

今回は、赤ちゃんの虫歯に気をつけ始めるべき時期、原因、虫歯予防や対策について見ていきます。

スポンサーリンク

赤ちゃんの虫歯はいつから気をつけるの?

まだ歯の生えていない赤ちゃんには虫歯菌(ミュータンス菌)は感染しないと言われています。
なぜなら虫歯菌は歯に付着するので、まだ歯が生えていない赤ちゃんには感染しないのです。

生後6ヶ月から気をつける

ではいつから虫歯に気をつけるべきでしょうか?
タイミングとしては、赤ちゃんに歯が生え始める生後6ヶ月頃からになります。
生え始めの歯にミュータンス菌を付着させないことが大切です。

最も気をつけたい時期

赤ちゃん・子供に虫歯菌が最も付着しやすい時期というのもあります。
それは1歳7ヶ月頃から2歳7ヶ月頃です。
この1年間は、子供に歯が生え揃う期間となります。
虫歯菌を付着させないように、この時期は特に注意が必要です。
 

スポンサーリンク

赤ちゃんの虫歯の原因は大人!?

虫歯の原因とされている虫歯菌はどこからくるのでしょうか?
それはずばり、家族や身近な人…つまりママやパパ、親戚などからなんですね。
虫歯菌は唾液を通して運ばれてくると言われています。
キスや口移しをしたり、咳やくしゃみで唾液が飛んだり、スプーンをフーフーしたり…そういったことでミュータンス菌が運ばれます。

甘いものより大人が気をつける

甘いものを食べさせすぎると虫歯になる…そう思っている親御さんも少なくないでしょう。
しかし、一番の原因は赤ちゃんと接している虫歯菌を持った周りの人です。
なるべく、ミュータンス菌が赤ちゃんに飛ばないように気をつけることが大切です。

スポンサーリンク

虫歯予防で知っておきたい4つの注意点

ではどうすれば赤ちゃんに虫歯菌を運ばないで済むのでしょうか?
少しでも赤ちゃんが虫歯になる可能性を減らすために、いくつかの対策を覚えておきましょう。

赤ちゃんにやってはいけないこと

赤ちゃんに接する大人は以下の4つのことに注意してください。

  • 直接口にキスをしない。
  • 大人と同じ箸やスプーン、フォークでご飯を食べさせない。
  • 同じコップを使わない。
  • 大人が噛んだものを赤ちゃんに与えない。

「大人が噛んだものを赤ちゃんに与える」という行動は年配の方によく見られます。
固い野菜は良く噛むと甘みが出て食べやすくなりますよね。
野菜があまり好きではない赤ちゃん・子供も甘くなると食べてくれる、ということで昔はそうして与えていたこともあります。
ですが、虫歯菌は唾液の中に潜んでいますから、噛んだものを与えることは良くありません。
絶対にやらない、させないようにしたいものです。

赤ちゃんの虫歯予防のために歯磨きをしっかりと行う

もしご紹介した4つのことをしてしまった場合でも、赤ちゃんが必ず虫歯になるとは限りません。
なぜなら歯磨きで虫歯菌を取り去ることができるからです。

歯ブラシでなければいけないわけではない

虫歯予防のためには、赤ちゃんも大人と同様歯磨きが必要です。
歯が生え始めたばかりの赤ちゃんは、自分の唾液で口の中をある程度清潔にすることができます。
なので、何がなんでも歯ブラシで磨くということは必要ありません。
むしろ、ブラシによって歯茎を傷つける恐れもあるので無理にはやらないほうが良いでしょう。

ガーゼを使った磨き方

歯がまだ十分に生えそろっていない赤ちゃんにはブラシよりもガーゼを使うのがベストです。
ガーゼを濡らして、赤ちゃんの歯と口の中をぬぐってあげましょう。
赤ちゃん用の歯磨き剤を使ってもかまいません。
それだけでも虫歯菌を拭えますし、食べかすなども取ることができます。

歯ブラシで隅々を

上下の歯が生えてきたら、歯ブラシ磨きに移行しましょう。
歯茎と違って歯はやや複雑な形をしていますし、歯間に食べかすが残りやすいものです。
ブラシならば隅々をしっかりと磨くことができるでしょう。
喉の奥にいかないように、ストッパーのついているものを使用しましょう。

スポンサーリンク

ベビハピ!的まとめ

赤ちゃんの虫歯の原因と予防・対策についてご紹介しました。
ご紹介した内容に注意しておけば、赤ちゃんの虫歯をかなり予防できるはずです。

ただ、スキンシップの妨げになるくらいに神経質になる必要はありません。
赤ちゃんと楽しく接しながら、「ちょっとだけ注意しよう」くらいに思っておきましょう。
唾液を交換しない、歯磨きをしっかり行う、最低限これだけ守っておけばまずは安心です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする