母乳って凄い!赤ちゃんの鼻づまりに効く必殺技「母乳点鼻」のやり方と注意点

鼻水・鼻づまりで赤ちゃんが息苦しそう…どうしたらいいの?

生まれたばかり~1歳未満の赤ちゃんはまだ口呼吸が上手くできません。
鼻水や鼻づまりのせいで

  • 睡眠がうまくできない、浅くなる
  • 母乳やミルクをうまく飲めない
  • 細菌のせいで中耳炎に
  • 機嫌が悪くなってしまう

といった状態になりやすいのです。

「鼻水・鼻づまりを解消してあげたい!」

そんなママの願いを叶えるのに、実は「母乳」が役立つって知ってました?

c31ccfae75abe205b13ef7405bcf2277_s

昔から鼻づまりには「母乳点鼻」が良いと言われています。

  • 母乳点鼻の効果
  • 母乳点鼻のコツ
  • 母乳点鼻の注意点

今回はそういったところをご紹介していきます!

鼻づまりの必殺技「母乳点鼻」について正しい知識を得ることで、赤ちゃんの鼻づまりを解消できるかもしれません。
母乳育児のママさん、必見です!

スポンサーリンク

①母乳点鼻とは…

まず、母乳点鼻ってどういうものなのかを知っておきましょう。

母乳ってすごい!

母乳には赤ちゃんにとって大切な様々な免疫成分が含まれています。
親から子へ、母乳を通して免疫力を伝えることで赤ちゃんは病気になりにくくなるんですね。
よく「母乳育児をしていると風邪をひきにくい」なんて聞いたことありませんか?
それは、母乳に含まれる免疫成分が関係しているんですね。

抗炎症作用が鼻づまりに効果的

様々な免疫成分が含まれる母乳ですが、実はさらに「抗炎症作用」もあるんです。

鼻をズビズビしている時は粘膜が炎症を起こして腫れやすくなります。
そのため鼻づまりを起こしやすくなるんですね。

母乳点鼻をすることで、抗炎症作用が粘膜の炎症を緩和します。
その結果、鼻づまりが治まりやすくなるということなんです。

鼻水・鼻くそが取りやすくなる

鼻づまりするのは、鼻水・鼻くそが詰まってしまっていることも原因ですよね。
でも、鼻の中で固まった鼻くそって…取ろうとすると赤ちゃんが痛がって泣いてしまいます。
無理にやると血がでてしまったりして、粘膜を傷つけるなんてことにも。

母乳点鼻をすると、鼻くそが柔らかくなり非常にとりやすくなります
また、一緒に鼻水も粘度が薄くなってでやすくなるといったことも期待できるでしょう。

お鼻の中をすっきり掃除したい時にも母乳点鼻って効果的なんですね~。

母の愛が赤ちゃんを守る!

赤ちゃんを守り育むパワーを持つ母乳。
母乳点鼻はこの力を利用して、鼻づまりを解消するという知恵なんですね。

母乳を一滴、赤ちゃんの鼻に垂らして行う母乳点鼻は鼻づまり解消の必殺技です!
もしも鼻の奥から喉に垂れて飲んでしまったとしても…母乳なので何の心配もありません♪

スポンサーリンク

②赤ちゃんは痛がらないの?

鼻に母乳を入れる…なんだか痛そうな気がしますよね。
赤ちゃんは痛がったりしないのでしょうか?

水が入ると痛い…ですよね

みなさんも経験があるかもしれませんが、水やその他飲み物が鼻に入った時、鼻の奥が染みるようなキーンとなるような痛みを痛くなりませんか? 

これは浸透圧が関係していると言われています。
鼻の粘膜にある細胞液よりも薄い水が鼻に入ると、濃度が違うために細胞膜がパンパンになり痛みを感じるんです。

母乳は痛くないから大丈夫!

「じゃあ母乳だって鼻に入れたら痛いでしょ?」
とお思いかもしれませんね。

でもご安心を!実はその点でも母乳は大変優秀なんです!
ママの体から出る母乳はお鼻の粘膜液と同じくらいの濃度で浸透圧がちょうどいいんです。
なので、お鼻に入れても痛みがほとんどありません!

実際に筆者も試しに自分の鼻に母乳を入れてみましたが…「何か水っぽいのが入ったかな?」くらいで、痛みなどは感じませんでした。

母乳は人間の体から出るもの、鼻の細胞液とも近いので違和感がほとんどないのです。 

母乳点鼻ならば赤ちゃんも嫌がりにくい

鼻づまりの対処法として鼻吸い器で鼻水を吸引してあげるという方法があります。
赤ちゃんによっては突然の刺激に驚いて嫌がる…なんてこともありますよね。
筆者の子なんて、吸引器を見ただけで泣き叫びます…。

でも、母乳点鼻なら痛みを感じることがほぼありません。
多少は違和感があるかもしれませんが、吸引器の刺激に比べたら大したことはないでしょう。

母乳点鼻はそういった意味でも赤ちゃんの鼻づまり対策としては実践しやすいものになります!

スポンサーリンク

③母乳点鼻のやり方

母乳点鼻のやり方はとても簡単♪
以下の手順を参考に試してみてください!

  • スポイトに母乳を入れる
  • 赤ちゃんを仰向けに寝かせる
  • 鼻に少量(1、2滴くらい)を垂らし入れる
  • 鼻に母乳が入ったのを確認する
  • 綿棒または鼻吸い器で取ってあげる

たったこれだけ!かなり簡単ですよね♪
やり方が簡単というのも、赤ちゃんの鼻づまりに母乳点鼻が優秀であることを裏付けてくれています!

母乳点鼻をスムーズに行うコツ!

とても簡単で赤ちゃんの鼻づまりに効果的な母乳点鼻。
さらにスムーズに行うためのコツもご紹介しておきます!

新鮮な母乳を使う!

母乳点鼻では新鮮な母乳を使うようにしましょう。
ミルクや古い母乳では効果的とはいえません。

詳しくは「注意点」で後述いたします!

スキンシップを取ろう!

お鼻を触られることって大人もあまり好きじゃないですよね。
くすぐったいしムズムズするし…嫌がるのも当然です。

ですから、母乳点鼻の前後はしっかりとスキンシップをとりましょう。
赤ちゃんのご機嫌を良くしてあげればスムーズに母乳点鼻をしやすくなります。

じっとしない時は綿棒だと楽です♪

赤ちゃんがぐずったり、動いちゃって「スポイト垂らすのが難しい」
ということもあるかもしれません。
そんな時はスポイトではなく、綿棒の先に母乳をしみ込ませてみましょう。
それで鼻の奥を優~しくなぞることでも母乳点鼻の効果が期待できます!

④母乳点鼻の注意点

赤ちゃんの鼻づまりに効果的な母乳点鼻。
でも注意点もいくつかあります。

ミルクでは代用できない

母乳でできるならばミルクでもできる、というわけにはいきません。
浸透圧が違うため、鼻に入った瞬間に赤ちゃんが痛がる可能性が高いです。

古い母乳も良くない?

母乳点鼻は出来る限り新鮮な母乳で行いましょう。
母乳に含まれる免疫成分はしぼりたての時が一番活発です。
抗炎症作用を期待するのであればやはりしぼりたてが一番です!

症状が酷いなら病院へ

母乳点鼻は赤ちゃんの鼻水・鼻づまりを緩和・解消するのにとても良い方法です。
しかし症状が酷いとか、明らかに風邪だなって場合は必ず病院に行くようにしましょう。

母乳点鼻はあくまでも鼻水・鼻づまりをスッキリさせるだけです。
病気を治すとかそういうものではないので気をつけましょう!

おわりに

今回は母乳点鼻の効果や、やり方とコツなどをご紹介してきました。

赤ちゃんの鼻水や鼻づまりを解消するには色々な方法がありますよね。
部屋の加湿や吸引、お風呂に入れるとかそういう方法も効果的だと思います。

母乳点鼻はそういった「赤ちゃんの鼻づまり対処法」の中の一つです。
絶対に母乳点鼻するべき!とか母乳点鼻最強!なんてことはありません(笑)

ぜひ色々と試してみて、赤ちゃんに合ったも鼻づまり解消法を見つけてみてくださいね。

夜だけ鼻づまりをしちゃう赤ちゃんの2つの原因と4つの対処法
赤ちゃんが夜寝ている時に鼻をフガフガ、スピスピといわせ鼻がつまっているような音がすることはありませ...
The following two tabs change content below.
ベビハピ編集部

ベビハピ編集部

『赤ちゃんがハッピーなら、世界は笑顔で満たされる♡』をコンセプトに、お子さんとママ・パパにとって有益な情報をお届けいたします!
スポンサーリンク
母乳って凄い!赤ちゃんの鼻づまりに効く必殺技「母乳点鼻」のやり方と注意点
この記事をお届けした
Baby Happiness! <ベビハピ!>の
最新ニュースをいいねしてチェック!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする