鼻づまりサヨナラ!3種類の鼻水吸引器とその特徴を詳しく紹介!

fde5a1cd2f9db3efb9b9d46794557273_s
鼻水を上手にかめない乳幼児はすぐに鼻水が溜まって鼻づまりを起こしてしまいます。
それらは放っておくと中耳炎などの疾患やその他の炎症の原因になりますので、気付いた時に出来るだけ早めに吸い取ってあげることが大切です。
そのために鼻づまりの救世主としてなくてはならない鼻水吸引機。
様々な種類が色々なメーカーから出されており、どれを使ったら良いのか悩んでしまうママも多いと思います。
そこで、ママや子供に合った吸引機を選ぶために、種類に応じた使用方法と特徴をご説明していきます!

スポンサーリンク

電動タイプ

電動で吸引するタイプの吸引器で、据え置きタイプとハンディタイプの二種類があります。
据え置きタイプは耳鼻科で使われているものの家庭用簡易版で、本格的な高い吸引力が特徴です。
しかし、最低でも15,000円以上からで高価であることや場所を取るだけでなく、逆に高い吸引力は鼻や耳への負担もかかるため、慣れるまでは扱いが難しいという難点もあります。
ハンディタイプは吸引力はさほど高くはありませんが、電池式なので持ち運び出来るというのが最大の特徴です。
また、価格も5,000円前後からと据え置きタイプに比べると比較的安価なので、電動タイプを試してみたいという初心者の方にはオススメの種類です。

スポンサーリンク

口で吸うタイプ

口で吸うタイプの吸引器で、口で吸引力が調整出来ること、持ち運びが出来ることが特徴です。
価格は1,000円弱くらいですので、価格はお手頃です。
口で吸うと言っても直接吸った鼻水が口に入ることがないようなダブルチューブ方式になっていますので、衛生的にも安心して使用出来ます。
しかし、鼻水を吸引する際、嫌がる赤ちゃんを抑えながら口で息を調整するのはとても大変なので、一人で使用する機会が多いママにはあまりオススメ出来ません。

スポンサーリンク

スポイトで吸い取るタイプ

スポイトで鼻水を吸い取る吸引器で、価格が500円くらいと吸引器の中で一番安いのが特徴です。
しかし、スポイトの吸引力は非常に弱く、奥まで詰まった鼻水はほとんど取れません。
ですので、ゆるい鼻水を吸い取る場合や、鼻の穴周辺を軽く吸い取るなど、あくまでサブ的な使用をオススメします。

おわりに

鼻水は目で見えるよりも実際はとても多く、鼻の中に大量に溜まっていることがほとんどです。
確実に吸引するためにも、電動の据え置きタイプをメインで使用し、外出時にはそれ以外のタイプをサブ的に使用することをオススメします。
電動タイプは大人でも使用出来ますので、自分やパパの鼻を使って練習をしてみて下さい。
また、お店によっては見本を展示している店舗もありますので、手にとって感じを確かめてみましょう。(雑菌がついているので実際の使用は控えてくださいね!)
赤ちゃんのためにも使い勝手の良い吸引器で上手に鼻づまりを解消してあげて下さい♪

The following two tabs change content below.
あななん

あななん

東京都出身、元アパレルブランド広報担当。 結婚を機に主人の故郷である熊本に移住し、現在はフリーライターとして活動中。 メディカルアロマテラピーのインストラクターでもあり、趣味はアロマ石けん作り。
スポンサーリンク
鼻づまりサヨナラ!3種類の鼻水吸引器とその特徴を詳しく紹介!
この記事をお届けした
Baby Happiness! <ベビハピ!>の
最新ニュースをいいねしてチェック!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする