陣痛タクシーってどう?陣痛時に利用したい乗り物の選び方4つ

2de00ac42349ac77ff2fa06f0f9d2b0f_s
いよいよ出産が近付き病院へ向かうその時、その手段である乗り物についてはしっかり準備ができているでしょうか。
陣痛時に利用できる「陣痛タクシー」や乗り物の選び方について勉強しておくと、いざという時に慌てず、安全に病院へ向かうことができます。

スポンサーリンク

陣痛タクシーって?

各タクシーグループで最近見られるサービスの一つに「陣痛タクシー」というものがあります。
陣痛が始まったその時に、運転して病院まで連れて行ってくれる人が必ず側にいるとは限りません。
当然自分で運転することは危険なので避けましょう。

そうなると手段としてはタクシーが頭に思い浮かびますが、時間帯や場所によっては配車まで時間がかかることも予想されます。
そのようなリスクを減らすため、陣痛タクシーのサービスでは事前にタクシー会社に出産予定日や産院などを登録しておくことで、優先的に配車ができるものになります。
専用の電話番号を用意しているタクシー会社もあります。

スポンサーリンク

陣痛タクシーに事前登録しておくべき理由

出産においては何があるか分からないため、タクシー会社によってはその責任の重さから急に陣痛でタクシーを呼んでも、残念ながら乗車拒否される可能性は否定できません。
陣痛タクシーにあらかじめ登録しておけば、妊婦の緊急時に乗車拒否が理由で、危険にさらされるリスクが減ります。
さらに、事前登録のおかげで自宅や産院までの道順の説明なども省くことができ、配車の遅れを防ぐことができます。

スポンサーリンク

陣痛時に利用したい乗り物の選び方

①むやみに動き回らずに済む乗り物

乗換えや階段などむやみに動き回ると陣痛が進んでしまったり、破水している場合は羊水がどんどん減ってしまいます。
自宅や産院の立地にもよりますが、できるだけ楽に産院までむかえる乗り物を選ぶようにしましょう。
この考え方からいくと、電車はなるべく避けたほうが良いかもしれませんね。

②公共交通機関はリスクもある

陣痛がまだ弱ければバスや電車など、妊婦健診中も利用していて慣れているものも視野に入るかもしれません。
ついつい公共交通機関を選んでしまいそうになりますが、そのリスクも考慮しておきましょう。
遅延の可能性ももちろんですが、乗り物の中で緊急性が高くなってしまえばその乗り物自体を停めてしまうことも考えられます。
陣痛時には基本的には公共の乗り物は避けたほうが良さそうです。

③救急車は呼んでいいの?

陣痛や破水は妊婦にとっては一大事ですが、実は救急車を利用することは難しいのです。
大量の出血や、すでに分娩が始まってしまっているような緊急時を除いては、救急車を利用することはできません。

④やっぱり一番は自家乗用車かタクシー

陣痛時に病院へ行くまでの手段として車があると体が楽なものです。
なによりお産に向けてのドキドキや緊張感は誰か一緒にいてくれると和らぎますよね。
家族や友人など、緊急時に車を出してくれる人がいるならばそれが一番安全で気持ちも安心できます。
それが無理でも陣痛タクシーならば、妊婦であることを理解してサービスしてくれる安心感があります。

ベビハピ!的まとめ

出産までに陣痛や母子の体調など不安なことはたくさんあります。
病院までの交通手段もその一つです。
どんなお産でもまずは病院まで辿り着かなければ、リスクやトラブルは避けられません。
少しでもその不安を減らすために、乗り物の選び方について予め家族と相談し、準備をしておきましょう。

The following two tabs change content below.
ベビハピ編集部

ベビハピ編集部

『赤ちゃんがハッピーなら、世界は笑顔で満たされる♡』をコンセプトに、お子さんとママ・パパにとって有益な情報をお届けいたします!
スポンサーリンク
陣痛タクシーってどう?陣痛時に利用したい乗り物の選び方4つ
この記事をお届けした
Baby Happiness! <ベビハピ!>の
最新ニュースをいいねしてチェック!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする