この水ぶくれ…何?授乳時にできる乳口炎の対処方法

099973
授乳中には色々なトラブルが起こります。
完全母乳を目指しているなら、そういったトラブルに随時対処していかなければなりませんね。

授乳時に起こるトラブルの中でもあまり対処法が知られていないのが、乳口炎。
今回は乳口炎とはいったい何なのか、その対処法についてご紹介いたします。

 

スポンサーリンク

そもそも乳口炎ってなに?

乳口炎とは、乳首にある母乳の出口が炎症を起こした状態のこと。
乳首に何か水ぶくれがある?と思った方は、それが乳口炎かもしれません。

乳口炎は母乳がたくさん作られているにも関わらず、授乳時間が開き、おっぱいが張っていると起こりやすくなります。
張った状態のおっぱいだと、赤ちゃんは飲むときに浅く吸い付くことしかできません。
浅く吸い付くと、母乳の出口はふさがり、水ぶくれに。

母乳がしっかりと出ずにおっぱいは張ったまま、痛くて辛い授乳になってしまいます。

 

スポンサーリンク

出来る前に防止!出来てしまったらしっかりケア!

まずは、おっぱいが張って固くなる状態が続かないよう、張ってきたら搾乳をするよう心がけましょう。
マッサージで乳首も柔らかくしておき、赤ちゃんが飲みやすくしておきます。
また、母乳の出口が詰まらないように乳製品を過剰に摂取することは控えましょう。
これらの心がけで、乳口炎は十分に予防することが出来ます。

また、もし出来てしまった場合は薬を塗って早く治すようにしましょう。
一般に市販されているものの中ではオロナインなどの皮膚の炎症に効果があるものや
口内炎の塗り薬などを塗ると効果があると言われています。
どんなものを塗ったらいいのかわからない、一刻も早く治したいという方は
病院に行き、薬をもらうのも良いでしょう。
1週間から2週間ほど授乳がもっとも開く時間に薬を塗って治療していきましょう。

スポンサーリンク

自然に治ったと思うのは危険!

乳口炎の水ぶくれは、自然に破裂して消滅することがあります。
ですが、破裂した部分は傷口と同じようなもの。
細菌が感染しやすくなり、また乳口炎が再発する原因になります。

この破裂して消滅した段階で、自然に治ったのだと安心してケアをしない人が非常に多いんです。
これ以上トラブルが起きないようにするには、水ぶくれが破裂して一度おさまったと思っても、しっかりとケアをすることが大切です。

また、針や安全ピンなどで無理やり水ぶくれを潰したり破裂させる行為は非常に危険です。
悪化・再発の原因となるので絶対にやめましょう。

The following two tabs change content below.
林まりか

林まりか

3歳娘・1歳息子を持つ20代の母。 周囲に子持ちの知人が少ないため、 ネットでの情報収集にて子育てを円滑にする方法を模索中。 主人の転職で四国の田舎に引っ越し。 子供たちと一緒にガーデニング・家庭菜園などにも挑戦中。
スポンサーリンク
この水ぶくれ…何?授乳時にできる乳口炎の対処方法
この記事をお届けした
Baby Happiness! <ベビハピ!>の
最新ニュースをいいねしてチェック!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする