うそ!?完母を目指すならおしゃぶり厳禁?乳頭混乱って何?

9436653177_fd00cc9d2c_b
乳頭混乱とは、赤ちゃんがおしゃぶりや哺乳瓶などを使用することによって、おっぱいを吸わなくなる現象のことです。
完母で赤ちゃんを育てたいけど、おしゃぶりを使うとおっぱいを拒否してしまうのはちょっと嫌だな…。
新生児期から使うのはやめた方がいいのかな?
なんて思っているママも意外と多いかも。
実際、おちゃぶりで乳頭混乱を起こすのか、みていきましょう。

スポンサーリンク

使いすぎは乳頭混乱を起こす可能性がある?

新生児の時期は「吸綴反応」という、口に入ったものに対してなんでも吸い付く性質があります。
そのためママのおっぱいや哺乳瓶、おしゃぶりなど、なんでも与えられたものに対して新生児は吸い付きます。

新生児の頃はそれでも良いのですが、生後3か月にもなってくると、吸綴反応はだんだん消え始めていきます。
その時にたくさんおしゃぶりを吸わせていた場合、ママのおっぱいを嫌がってしまう乳頭混乱を起こしてしまう可能性があります。

スポンサーリンク

私はどちらも経験しました!

私の場合、「母乳を飲んでくれない」と「おしゃぶり・哺乳瓶をしてくれない」どちらも経験しました!

我が家の場合、新生児の間はよくミルクを飲み、おしゃぶりもしてくれていました。
その一方で、ミルクの方が簡単に飲めるので、中々おっぱいが進まない時期でもありました。

ところが1か月検診で、体重が増えすぎたのでミルクをセーブするよう、助産師さんから指導が入りました。
そこから完母にするため、なるべく母乳を吸わせるようにして悪戦苦闘していたら、産後3か月くらいで完母になりました。
しかし今度は逆に哺乳瓶・おしゃぶりを受け付けなくなってしまったのです。

それは今でも続いていて、哺乳瓶は完全拒否。
おしゃぶりは吸ってくれるのですが、どちらかというとカミカミしてしまっている状態です。

スポンサーリンク

最終的には様子を見ながら!

完母を目指す場合、とにかく赤ちゃんがママのおっぱいに吸い付いてくれるかどうかが重要になります。
そのため、乳頭混乱に陥らないよう様子を見ながらおしゃぶりを使用していくのが、ポイントと言えるでしょう。

赤ちゃんが乳頭混乱を起こさないようにするには、おしゃぶりをあげる前に、数十秒でもいいので母乳を飲ませること。
その後はおしゃぶりをあげても大丈夫です。
四六時中外れない!という赤ちゃんは、半年を目途に使用頻度を減らしていくことが推奨されています。

おわりに

あまり完全母乳にこだわりすぎると、プレッシャーでママにもストレスが掛かってしまいます。
気楽な気持ちでおしゃぶりを使用していければ良いですね。

スポンサーリンク