【ちょいネタバレ感想】ドラマ『残念な夫。』の第一話「涙が止まらない」「神経逆なで」「残念じゃない」といった意見も

top150115
育児をしているママ・パパ的に、注目のドラマ『残念な夫。』。
録画していたんですけど、ついつい勢いでリアルタイム視聴してしまいました。

詳しい感想については明日にでも書くとして、今回は「人々の感想」なんかをTwitterから集めてみました。

関連記事

・各話感想

「【ちょいネタバレ感想】ドラマ『残念な夫。』の第一話「涙が止まらない」「神経逆なで」「残念じゃない」といった意見も」

「ドラマ『残念な夫。』第二話の口コミ・感想「自分を重ねた」「押し付け合い」「ドラマ見て夫が急にイクメンに!」という意見も」

ドラマ『残念な夫。』第三話の口コミ・感想「妻が煽ってくる」「意外に理想的」「うちの夫が残念」という意見も

・ドラマの裏側

『残念な夫。』で使われていた育児グッズが気になったのでガッツリ調べてみた。

「【徹底調査】『残念な夫。』の可愛い赤ちゃん榛野 華役は誰?所属事務所は?何ヶ月?どこの子供服?」

スポンサーリンク

残念な夫。ってどんなドラマ?

玉木宏さんと倉科カナさんが主演のドラマ。
近年増加傾向にあると言われている「産後離婚」というわりと重いテーマを扱っています。
子供が生まれたのに父親としての自覚が見えない夫・玉木と愛情が冷め完全に愛想をつかしている妻・倉科カナという構図。
産後離婚を回避するため、主人公・榛野陽一が一念発起して「理想的な夫」を目指し成長していく…というストーリーらしいです。

ノリとしてはフジドラマお得意のライトなコメディータッチなので、仲が悪くない夫婦ならギリギリ一緒に観れるかも?
まぁ、夫の立場としては、いろいろと身につまされる思いもあり、できれば一人で観たいところですが…!

スポンサーリンク

Twitterの反応はいかに?

個人的には思う所あり、笑えるところあり、「あるある」と頷いてみたりと色んな意味で面白く視聴できました。
では、他の視聴者たちはどのような意見を持っているのでしょうか?
Twitter上でつぶやきを探してみました。

妻側に理解のある意見


正直、ドラマよりも夫的にグサッとくるものもありますね(汗)。

「育児・夫婦あるある」や「あの頃思い出す」的な意見

僕もわりと「あるある」「そうだよな~」と思いながら観ていました。
楽しいけど大変な育児生活、いずれ息子と妻と三人で酒でも飲みながら「こんなことあったね~」と言いたいものです。

意外と「残念な夫」じゃないしむしろ・・・な意見

こういう意見もあるんですね。
まぁ確かに、思っていたよりも残念ではなかったような気もします。
でもコレ以上ダメ夫だとドラマとして成立するかどうかも怪しい気もするようなしないような。

スポンサーリンク

視聴直後のなんとなくな雑感

コメディードラマとして普通に面白かったと思います。
ドラマの特設サイトにて残念エピソードを募集しているので、現実味のある「あるあるネタ」も良かったですね。

  • スヤスヤ赤ちゃんにイタズラして起こす、泣かせる
  • オムツ交換を嫌がる(特にウンチさん)
  • 自分の趣味を優先してしまう
  • 子供をあやすのが極端に下手
  • 自分のことを「理想的なイクメン」と思っている、公言しちゃう

    他にもいろいろとありましたが…まぁ耳が痛いこと痛いこと。。。
    たまたま僕は職業柄、在宅ワークなので育児に多少は参加しているつもりですが、妻や子供の本音はわかりません。
    ドラマを見ながらクスっと笑ってはいましたが、内心穏やかでは無いのも事実でした。

    産後離婚や産後クライシスは本当に深刻な問題です。
    夫婦間の気持ちや考え方のズレっていうのは早い段階で修正しないとな…と思いました。

    今後、玉木宏さん演じる夫が「イクメン」としてどのように成長するのか、倉科カナさん演じる妻の気持ちや愛情はどう変化していくのか気になりますね。
    毎週水曜に録画設定したので、妻と観ながらいろいろと意見を深められたらと思います。

The following two tabs change content below.
麹町 敏郎
ネットを中心にフリーのライターとして活動している37歳。2014年10月1日に第一子が生まれたのをきっかけに、育児サイトを作りたいと思い「ベビハピ!」を立ち上げました。親近感ある記事をお届けできればと思っています!
スポンサーリンク
【ちょいネタバレ感想】ドラマ『残念な夫。』の第一話「涙が止まらない」「神経逆なで」「残念じゃない」といった意見も
この記事をお届けした
Baby Happiness! <ベビハピ!>の
最新ニュースをいいねしてチェック!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする