キャサリン妃無事に女の子を出産!プリンセス誕生に祝福の嵐!

7f9a23d2ec641e2f85382b05c810d796_s
5月2日、英王室キャサリン妃が3.7キロの元気な女児を出産。
ジョージ王子に続く第二子で王位継承権は4位とのこと。
王室きってのイクメン、ウィリアム王子も出産に立ち会い、英国中で祝福の声が挙がっているようです。

スポンサーリンク

キャサリン妃第二子は3.7キロの元気な女の子!

ウィリアム王子の妻・キャサリン妃が現地時間(BST)5月2日午前8時34分(日本時間16時34分)に第二子を出産したとのことです。

出産に要した時間は2時間弱

公式の発表によると、入院したのは2日午前6時頃。
陣痛の初期段階が見られたためだそうです。
その後、約2時間後の午前8時半に産んだわけですから、実際の出産に要した時間は2時間弱ということになりそうですね。
非常にスムーズな安産だったと言えそうです。
ウィリアム王子も立ち会ったとのことで、精神的にも安心できるご出産だったのではないでしょうか。

ちょっと大きめの元気な女児

体重は8ポンド3オンス=およそ3714キロとやや大きめの元気な女の子とのことです。
ちなみにお兄ちゃんであるジョージ王子は8ポンド6オンス=およそ3800キロでしたので、大柄な家系なんでしょうね。

出産した病院はどこ?

キャサリン妃が第二子を出産した病院はジョージ王子と同じくロンドン「セントメアリー病院」です。
また、父・ウィリアム王子もこの病院で産まれています。
ダイアナ妃に抱かれて初めて公式にその可愛らしいお顔を見せた場所なんですね。
ウィリアム王子一家にとってはまさに縁のある思い出の病院ということですね。

第二子の名前は?

ウィリアム王子・キャサリン妃の元に産まれ、プリンセスとなる可愛い女の子。
そのお名前は何になるのでしょうか?
現在のところはまだ発表されていませんが、「プリンセス・オブ・ケンブリッジ」という称号が与えられることが決定しています。
パパがケンブリッジ公爵ウィリアム王子なので当然ですね。
ちなみに、ジョージ王子も生まれたての頃は「プリンス・オブ・ケンブリッジ」と言われていました。
今では「ジョージ・オブ・ケンブリッジ」と名前が付けられています。
今回産まれたベイビー・プリンセスもそのように変わっていくのでしょうね。

スポンサーリンク

喜び・祝福の声が多数!

英王室待望の第二子・プリンセスが産まれたということで英国中から祝福の声があがっています。

エリザベス女王及び、ウィリアム王子の父・チャールズ王子にも伝えられ、「喜んでいらっしゃる」という発表がされています。
王族とはいえ人の子、可愛い孫・ひ孫の誕生に笑みがこぼれないわけがありませんよね。

また、英キャメロン首相も自身の公式ツイッターで以下のようにつぶやいています。


・ベビハピ!的翻訳 「ケンブリッジ公爵および公爵夫人の女児出産にお祝い申し上げます。この素晴らしき出来事に心から喜んでおります!」 さらに、副首相のニック・クレッグ氏も以下のようにつぶやきをしています。

・ベビハピ!的翻訳
「ケンブリッジ公爵・公爵夫人、お子さんのご出産おめでとうございます。ご家族のさらなる成長を妻・ミリアムとともにお祈り致します。」

さらに、王族ファンらもプリンセス誕生の報に熱狂。
Twitterでも多くの祝福の声が挙がっているようです。

日本でも祝福ツイート多数!

日本でもキャサリン妃の出産に祝福の声が多数あがっているようです。
Twitterから一部ご紹介していきます。

多くの人を喜ばせ幸せな気持ちにさせる、赤ちゃんは本当にハッピー・パワーにあふれていると感じさせられますね。

スポンサーリンク

ベビハピ!的まとめ

今後気になるところは初のお披露目とプリンセス・オブ・ウェールズがどんなお名前になるのかというところでしょうか。
ちなみに、ジョージ王子の時には出産からわずか27時間での退院・お披露目となりました。
今回はどうなるかわかりませんが、近日中にその愛くるしいお顔を見ることができるかもしれませんね。

The following two tabs change content below.
ベビハピ編集部

ベビハピ編集部

『赤ちゃんがハッピーなら、世界は笑顔で満たされる♡』をコンセプトに、お子さんとママ・パパにとって有益な情報をお届けいたします!
スポンサーリンク
キャサリン妃無事に女の子を出産!プリンセス誕生に祝福の嵐!
この記事をお届けした
Baby Happiness! <ベビハピ!>の
最新ニュースをいいねしてチェック!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする