えっ!1000万!?不妊治療の費用はどれくらい?高額な理由は?

8847668a7f3828f3af1e3d4d8f1bf5f7_s
赤ちゃんは自然に授かるもの、と思っていたのに中々子宝に恵まれず悩んでいる方も少なくはありません。
少し前は人には言いにくい悩みで重くのしかかっていた「不妊」という言葉も、最近では「妊活」と明るい言葉に変えられ、不妊治療について前向きに検討される方も多いでしょう。

ところで、不妊治療には高額な医療費がかかると言う話を耳にしたことはありませんか?
場合によっては1,000万円なんてことも!?
病院へ通う前に不妊治療の費用、医療費が高額になる理由について勉強しておきましょう。

スポンサーリンク

不妊治療って保険適用外なの?

一般的に妊娠を望んでから2年以上妊娠しない場合「不妊症」という言い方をします。
妊娠できない原因がはっきりする場合もあれば、原因不明のまま治療が進んでいくことも珍しくありません。

不妊治療が高くなる理由

妊娠しない原因や患者の年齢にもよりますが、ほとんどの場合同じ様なステップを追って妊娠を目指し進めていきます。
しかし、高度な治療になればなるほど自由診療とみなされ、保険適用外になり費用が重くなっていきます。

自由診療って何?

自由診療とは健康保険組合の適用外となる診療のことです。
厚生労働省が承認していない薬の使用や治療を受ける場合、費用は全額自己負担になります。
不妊治療の一部にはこう自由診療があり、それを受けると選択した場合に費用が高額になっていくわけですね。

スポンサーリンク

保険適応内の一般診療

不妊治療ではまず、以下の様なことを診ていきます。

  • 女性のホルモン値等を見る血液検査
  • 卵管がしっかり通っているかを見る卵管造影
  • 男性の精子の動きを見る

こうした検査をすることで、何が原因なのかはっきりしていくわけですね。

検査が終わったら

一通りの検査が済んだら基礎体温、エコーなどで排卵日を確認するタイミング指導が行われます。
場合によっては排卵誘発剤を使用するケースもあるようです。
ちなみに、このタイミング法までが、保険を利用できる一般診療となります。

保険適用でもそれなりにかかる

保険適用内といっても、検査を一通り行えば約2~3万円くらいはかかります。
他にも以下の様なもので費用がかかります。

  • タイミング指導で排卵や卵胞の様子をみる超音波検査:1回約1000円
  • 排卵誘発剤しようする場合:一周期で約200円と自己負担

診察料とはまた別にかかるという点を覚えておきましょう。

その他の保険適用内費用について

超音波検査は月に1回までが保険適用という形になっています。
何らかの問題があり超音波の回数が増えたり、薬が増えたりすると別途月に1万円ほど上乗せになると考えておきましょう。

スポンサーリンク

自由診療になる治療

タイミング法を数周期行ったけれども妊娠に至らなかった…という場合、人工授精や体外受精に進みます。

人工授精の平均費用

人工授精は自由診療となり各病院で費用が定められているようです。
クリニックによってもまちまちですが、平均すると1回15,000円~20,000円くらいは考えておいたほうが無難です。
また、人工授精を行う際にはタイミング法同様超音波での診察や、排卵誘発剤の使用などもあります。
ですので1周期につき20,000円はかかる計算になります。

体外受精にかかる平均費用

体外受精になると採卵や胚移植などやや難しいステップが必要になります。
ですので金額は人工授精よりもグンと高くなることを覚えておきましょう。
採卵・胚移植などを行って約300,000円、顕微授精になると約400,000円と1回がかなり高額になります。
妊娠の成否にかかわらずこれだけの費用が必要になりますのでしっかりと準備をしておいてください。

実際の費用例:2年間の治療

不妊治療を始めたからといってすぐに妊娠できるわけではありません。
個人差が非常に大きく、少ない周期で妊娠する人もいれば、何年と時間がかかる人もいます。
当然、時間がかかればかかるほど、また高度な治療になればなるほど費用がかさんできます。
例えば、「1つの治療法を半年行い、2年間続けるケース」で考えると…

  • タイミング法を半年続けて約5万円
  • 人工授精を6回行った場合で12万円
  • 体外受精を6回行ったとすれば180万円
  • 顕微授精を6回チャレンジすれば240万円

もしも2年かけて様々な不妊治療をした場合には約437万円もかかる計算になります。

本当に1000万円かかるのか?

妊活に関しては個人差が大きく、不妊の原因によってもかかる時間が変わってきます。
また、年齢や取り組み方によってはさらに時間がかかってくるでしょう。
治療費とともに、通院にかかる交通費やその他経費を合算すると、妊娠するまでに1000万円かかることもあり得ない話ではないかもしれません。
自由診療となる治療法は各病院で費用の設定が異なりますので、病院や方針を調べておく必要もあります。

ベビハピ!的まとめ

自由診療となる治療は病院によって費用に差があります。
また、治療法によっては「当院では取り扱っていません」というケースもあります。
不妊治療・妊活をする際には病院の方針や費用について事前に調べておいた方が良いでしょう。

ちなみに、現在は国や市町村の助成制度も進んできています。
不妊治療に1000万円!? と驚いて諦めたりはしないようにしましょう。
命を授かるということはお金に換算できる問題ではありません。
妊娠の希望を諦めず、実際にどこまでの治療なら受けられるのか、夫婦で一緒に相談してみてくださいね。

The following two tabs change content below.
ベビハピ編集部

ベビハピ編集部

『赤ちゃんがハッピーなら、世界は笑顔で満たされる♡』をコンセプトに、お子さんとママ・パパにとって有益な情報をお届けいたします!
スポンサーリンク
えっ!1000万!?不妊治療の費用はどれくらい?高額な理由は?
この記事をお届けした
Baby Happiness! <ベビハピ!>の
最新ニュースをいいねしてチェック!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする