健康・病気のワンポイント

【実践】赤ちゃんの便秘解消に綿棒浣腸!手順とコツ、行う際の注意点もご紹介

赤ちゃんの便秘ってとても悩ましいですよね。
大人と違って便秘薬も使えないし…

そんな時は、赤ちゃんに綿棒浣腸をしてみましょう!

赤ちゃんの便秘対策にとても効果的と言われる綿棒浣腸についてまとめました。

a8a4c2ce459d3aca8540cdc4bfba5c9d_s
赤ちゃんの便秘が解消されない場合、奥の手で「綿棒浣腸」というものがあります。
わが子のおしりに綿棒で少しだけ刺激をしてあげて便秘を解消する、という方法です。
そこで今回は

この記事のポイント
  • 赤ちゃんの便秘の目安と原因
  • 綿棒浣腸の手順とコツ
  • 綿棒浣腸の注意点

こちらを書いていきます!

綿棒浣腸ってはじめはちょっと怖いですが、慣れれば赤ちゃんもママも快便でスッキリ! 
ぜひ記事を参考に試してみてくださいね~。

スポンサーリンク

赤ちゃんが便秘かどうかを判断する目安

赤ちゃんはそれぞれ個性があります。
うんちに関しても1日に何回もする子もいれば、数日出ない子もいます。
快便か便秘か、赤ちゃんによってもまちまちなんですよね。

大人と赤ちゃんはちょっと違う

大人の場合、数日に1回しか出ないとなると「便秘かなぁ」と思うものです。
毎日出るくらいじゃないとスッキリした気がしませんよね。

でも赤ちゃんの場合はちょっと事情が違います。

大人と比べてまだ胃腸が未発達ですから、毎日出たかと思えば数日出ないことも珍しくありません。
それでも赤ちゃんが苦しそうにしていなかったり、母乳の飲みっぷりが変わらなければ便秘とは言い切れないんですね。

赤ちゃんの便秘目安

では赤ちゃんが便秘かどうかはどこで判断すれば良いでしょうか?
赤ちゃんが便秘かどうかを判断する目安をまとめてみます。

  • 5日以上うんちが出ていない
  • 母乳・ミルクの飲みっぷりが悪い
  • 離乳食の食べっぷりが悪い
  • 授乳時に嫌がる、吐き出してしまう
  • 離乳食を嫌がり吐き出してしまう
  • お腹を触ると張っている感じがする
  • 体重があまり増えていない
  • よく眠れない、すぐ目が覚める
  • 理由なく機嫌が悪い感じがする
  • うんちの量が少なくて硬い
  • 血便が出てしまった

以上のような場合、「便秘かも」と疑ってみても良いかもしれません。

もちろん赤ちゃんそれぞれ個性があるので一概には言えない部分もあります。
ただ、こうした状況が重なるようであれば赤ちゃんが便秘である可能性は高いのではないでしょうか。

スポンサーリンク

月齢別の赤ちゃんが便秘になる原因

赤ちゃんそれぞれに個性があり、実際に便秘かどうかを判断するのはなかなか難しいものです。
また、赤ちゃんは成長が早いですから、月齢ごとに便秘になる要因も変わってきます。

なぜ赤ちゃんが便秘になるのか?月齢ごとの違いはなにか?

それを知ればスムーズに対応する手助けになるかもしれません。
ここからは赤ちゃんが便秘になる原因を月齢別に見ていきます!

新生児の便秘原因

生まれたばかりの赤ちゃんは胃腸がまだ未発達です。
毎日数回出る子もいれば、数日出ない子もいます。
もちろん、便秘気味かな?と感じられる赤ちゃんも中にはいることでしょう。

この時期に便秘になる原因として考えられるのは…

水分や母乳不足

ではないでしょうか。

特に夏場など汗をかきますので身体は乾きやすいです。
暑い時期は十分な水分補給をするようにしましょう。

また、ミルクの場合は消化に時間がかかります。
そのため赤ちゃんが便秘気味になりやすい傾向にあるようです。
赤ちゃんの便秘解消に効果的な粉ミルクもあるのでそちらも試してみましょう。

生後2~3ヶ月の便秘原因

新生児だった頃に比べて胃腸も発達してきています。
この時期になると母乳・ミルクもたくさん飲めるようになってきますね。

それとともに、排便回数自体は新生児に比べて徐々に減っていきます。
1日数回の排便があった赤ちゃんも1日1回程度になってきたりします。
排便ペースが大きく変化することで「便秘かな?」と思ってしまうこともあるでしょう。
しかし回数が減ること自体は普通のことなので心配はありません。

ちなみに生後2~3ヶ月ですと、ハイハイや寝返りというのは難しいですよね。
胃が大きくなりたくさん母乳も飲めるようになってはいますが、それを便として排出するのに筋力がたりない面も否めません。
そういった意味では多少、便秘傾向になりやすいとも言えます。

生後5~6ヶ月(離乳食開始)の便秘原因

離乳食の開始は赤ちゃんにとって食生活の大きな変化です。
胃腸も大きくなり吸収力もあがるため、身体の中にたくさん溜め込めるようになっています。
そのため新生児期・乳幼児期に比べて排便回数はかなり減ります

食生活が変わることは排便にも大きく影響します。
特に離乳食がスタートすると母乳・ミルクだけの生活に比べて水分不足になりがちです。
そのためどうしてもこの時期の赤ちゃんの多くは便秘気味になりがちです。

また、離乳食=形のある食事をすることに初めは胃腸も慣れません。
その影響で便秘傾向になることは珍しくないと言えます。

生後9~11ヶ月の便秘原因

この時期になるとだいぶ離乳食にも慣れてきたことでしょう。
1歳前の時期は離乳食の種類も増えてきたり、好き嫌いが出てきたりもしますよね。

大人でもそうなのですが、食べる量が少ないと排便が減ります。
食が細いような赤ちゃんですと便秘というかうんちの回数が極端に少なくなる可能性があるでしょう。

また、この時期も水分不足が便秘の原因になりやすいです。
夏場はもちろんですが暖房を使う冬場も目に見えないところで汗をかいています。
しっかり赤ちゃんに水分を与えて便秘にならないように気をつけてあげてください。

それと食物繊維の不足も便秘の原因になります。
赤ちゃんの好き嫌いもあるかもしれませんが、なるべく工夫して食物繊維を摂らせてあげるようにしましょう。

スポンサーリンク

赤ちゃんの便秘を解消する綿棒浣腸について

ここまで読んでみて

うちの赤ちゃんはやっぱり便秘っぽい

そう感じたのであれば、綿棒浣腸を試してみるのも良いでしょう。

綿棒浣腸とは?

綿棒浣腸というのは…
比較的簡単でおうちでできる赤ちゃんの便秘解消法です。
その名の通り、「綿棒」を使って「浣腸」をするものですね。

通常、うんちが直腸にくると「うんちがしたいな~」と身体が反応して排便できます。
ですが便秘になっている時、この排便反射がうまくいっていないことがあるのです。

綿棒浣腸というのは

赤ちゃんの肛門を綿棒で刺激して「排便反射」を促そう!

というものなんですね。

多くのママも試していますし実際に私も子供に綿棒浣腸をしたことがあります。
効果については個人差もありますが、

綿棒浣腸で赤ちゃんの便秘が解消した!

という報告はけっこう多いです。
なので綿棒浣腸は、わりと赤ちゃんの便秘解消には効果的で一般的な方法だと言えます。

赤ちゃんの綿棒浣腸で準備するもの

赤ちゃんの便秘を解消する綿棒浣腸をやってみたい!
という方のために、準備するものをご紹介しますね。

  • 大人用の綿棒
  • ワセリンやベビーオイル(オリーブオイルなどでも)
  • 普段使っているオムツ
  • 新聞紙や汚れても良いバスタオル
  • おしり拭き

この5つがあれば綿棒浣腸を行うことができます。
あとはママの手が汚れるのを避けるためにビニール手袋などを用意しても良いかもしれません。

綿棒浣腸でなぜ敷物をするの?

新聞紙や汚れても良い大きなタオル、ペット用シーツなどはぜひ準備してください。

綿棒浣腸が成功すると便秘で溜まっていたウンチが勢いよく出ることがあります。
オムツだけだと受け止めきれなくて床に漏れてしまう…ということがあるんですね。

衛生的にもそれはよくありませんので、ぜひ敷物の上で行う方が良いでしょう。

赤ちゃんなのに大人用の綿棒?

綿棒浣腸で使う綿棒は赤ちゃん用ではなく大人用を使用してください。

赤ちゃん用の綿棒だとサイズが小さくて細いものがほとんどです。
それだと肛門や直腸を刺激しにくく、排便を促しにくいのです。

また赤ちゃん用は綿の部分が小さくて固めになっていたりします。
赤ちゃんの直腸を刺激した際に傷ついてしまう恐れがあります。
なので、綿の部分が大きめでふわっとした大人用の綿棒の方綿棒浣腸には向いています。

綿棒浣腸で使うオイルはどんなものが良い?

オイルは植物性のものであれば基本的にはOKです。
イメージとしてはサラッとしたものより、べったりとしたものの方が良いでしょう。
その方が綿棒浣腸をした時に肛門や直腸を傷つけにくくなります。

また、赤ちゃんのお肌が荒れてしまわないように刺激が強そうなものは避けましょう。

スポンサーリンク

綿棒浣腸のタイミングは授乳・食事完了から30分以内!

綿棒浣腸のタイミングとしてはいつぐらいが良いでしょうか?

できそうな時であればいつでも良いといえば良いです。
強いて言えば

赤ちゃんの機嫌が良い時

の方が良いでしょう。
というのも、興奮して暴れられると綿棒浣腸ができないからです。

また、もう一つタイミングとして

赤ちゃんがお腹いっぱいになった後がベスト

とも言われていますね。 

赤ちゃんのお腹がいっぱいになると、胃や腸が活発に動き出します。
そのため、普通のときよりも少しの刺激でウンチが出やすくなるのです。

胃や腸の運動が活発になるのが、食後30分と言われています。
よって、赤ちゃんの綿棒浣腸は「食後から30分以内」に行うのが効果的といえるでしょう。

赤ちゃんに綿棒浣腸を行いましょう!手順の紹介

それでは綿棒浣腸の手順を詳しく説明していきます!

綿棒浣腸の手順

1.大人用綿棒の先端を少しほぐしてふわっとさせる

2.綿棒の先端からおよそ1cmと2cmのところに印をつける(浣腸の深さの目安)

3.綿棒の綿部分から印をつけた辺りまでたっぷりワセリンやオイルを塗る

4.新聞紙などを敷いたところに赤ちゃんを仰向けに寝かせる

5.オムツ替えの要領でお尻の下にオムツを敷く

6.赤ちゃんの両足をグッと頭の方へ向けて持ち上げる(和式便所に座ったような体勢のイメージ)

7.赤ちゃんの肛門にもワセリンやオイルを塗る

8.ゆっくりと綿棒を入れる(最低でも1cm、入れば2cm付近まで)

9.浣腸した綿棒をゆっくりと「の」の字を書くようにして時計回りに動かす(15秒ほど)

10.綿棒を抜き、先端にうんちがついているか確認する(ついていれば排便しそうな兆候)

11.8~10を数回ゆっくり繰り返していると、うんちが肛門から見え始める

12.おしり拭きで便を取るように肛門を拭く(肛門に刺激を与える)

13.ある程度するとうんちがモリッと出てくる

以上で綿棒浣腸の手順は完了です!
赤ちゃんの便秘解消のためにもぜひ手順を参考に試してみてください!

スポンサーリンク

赤ちゃんに綿棒浣腸をスムーズに行うコツ

個人的にやってみて思った綿棒浣腸のコツも書いていきます。

  • 2人以上でやった方がやりやすい
  • 綿棒浣腸での刺激はこちょこちょとくすぐるように優しく
  • 赤ちゃんの下腹部を軽くマッサージするとより効果的
  • 赤ちゃんの表情がいきむような感じになるともうすぐ排便の合図
  • 吹き出すように出ることがあるので汚れても良い服で…

こんな感じで綿棒浣腸を成功させるために色々と工夫したり試してみてください!

赤ちゃんに綿棒浣腸をする時の注意点

綿棒浣腸は赤ちゃんの便秘解消に効果的なものです。
しかし肛門や腸を直接刺激するものですから、色々と注意すべき点もあります。

綿棒浣腸の注意点をご紹介しておきます。

事前に肛門の傷や出血の有無を確認する

綿棒浣腸をする前に、赤ちゃんの肛門周辺を確認しましょう。
キツイ便秘の時は肛門や腸が張っていることもあります。
そのせいで傷がついていたり出血していることもないわけではありません。

そういった状態で綿棒浣腸をすると傷を広げたりしてしまいます。
便秘の解消どころではなくなってしまうので綿棒浣腸はやめておきましょう。

綿棒浣腸はあまり長くやらない

綿棒浣腸は長くやったからといってうんちが出るようになるわけではありません。
むしろ、肛門や腸を傷つけるリスクを減らすためにも比較的短時間で済ませるのがベストです。

目安としてはスタートしてから1分~2分程度で終えるようにしましょう。
それ以上やってもあまり意味はないですしリスクが増えるだけです。

綿棒浣腸中は足をしっかりとおさえる

綿棒浣腸をする際には赤ちゃんの足をしっかりとおさえるようにしましょう。
下手に赤ちゃんが動いてしまうと綿棒で肛門を傷つけたり、綿棒が奥まで入って取れなくなる…なんてことも起きかねません。

できれば二人がかりで分業してやれればベストです。

激しく暴れる時は一旦中断する

綿棒浣腸をしてみて赤ちゃんがあまり暴れるようであれば中断しましょう。
足をおさえるのも難しくなりますし、赤ちゃんにとって不快であったり何らかの異常が起きている可能性もあります。

赤ちゃんがあまりに暴れるようであれば綿棒浣腸を一時中断して様子を見てあげてください。

綿棒での浣腸を絶対に強くやらない

綿棒浣腸は絶対に強くやってはいけません。
そもそも、強く刺激したからといって排便が促されやすいなんてこともないです。

逆に強くやることで肛門や腸を傷つける可能性の方が高いのでやめましょう。
綿棒浣腸は優しくゆっくり、これが基本です!

赤ちゃんは綿棒浣腸が癖になる?ならない?

大人になってから浣腸や便秘薬を使いすぎると「癖になる」なんていいます。
お薬に頼りすぎるとそれを使わないと排便が難しくなってしまうんですよね。

では綿棒浣腸の場合はどうでしょう。

綿棒浣腸をやりすぎると赤ちゃんも癖になって自然な排便ができなくなるのでしょうか?

綿棒浣腸は癖にならない!

基本的に綿棒浣腸は癖になることはないと言われています。

綿棒浣腸はくせにならないかと心配しておいでですが、その心配はありません。直腸付近を刺激することで、たまった便を出しやすくしているだけで、結果的には自然の排便を促しているのと変わらないからです。(赤ちゃん相談室 赤ちゃんの便秘より)

ということで、綿棒浣腸というのは自然排便を促す、手助けする方法なんですね。
なので、大人が便秘薬を使うのとはまったくの別物というわけです。

綿棒刺激については、毎日続けても、問題ありません。
あくまでも肛門を刺激しているにすぎないため、これをやり続けることで、将来的に排便しづらくなることはありません。
便秘の場合には、やってあげた方がいいものです。(すくすく子育て すくコムより)

ということで、毎日やっても別に問題はないとのことですね。
便秘気味ということであれば毎日は大変ですが、定期的に綿棒浣腸をやってあげても良いかもしれません。

うちの子も綿棒浣腸は癖になってません!

実際にうちの子も赤ちゃんのころに何度か綿棒浣腸をしていました。
いまはもう5歳になっていて、別段排便に関して変わった様子もありません。
というか、

ほぼ毎日快便ちゃんです(笑)

なので綿棒浣腸をしたからといって癖になるなんてことはないのではないかな、と私の経験的にも感じています。

赤ちゃんに綿棒浣腸したけどウンチが出てこない・・・

勇気を出して綿棒浣腸してみたものの、ウンチが出てこなかった!
残念ではありますが、綿棒浣腸をしてもうんちがでない場合ももちろんあります。

ご紹介した手順をだいたい1分~2分くらいやってみても音沙汰がない…。
という場合は一旦諦めて綿棒浣腸を中断しましょう。
あまりムリに続けてしまうと、赤ちゃんの肛門や直腸を傷つけてしまうからです。

逆に綿棒浣腸した数分後、数時間後にうんちが出てくるということもあります。
浣腸の刺激が遅れてやってきて排便が促されることは珍しくありません。

それでもうんちが出なかった場合は…半日くらい時間をおいてみてから再挑戦してみましょう。
また、あまりにも赤ちゃんが苦しそうで授乳もうまくいかないという深刻な便秘の場合は病院を受診することも検討しましょう。

ベビハピ!的まとめ

今回は赤ちゃんの便秘を解消する綿棒浣腸について書いてみました。

うちの子が3ヶ月くらいの時に1週間近くうんちが出なかったことがありました。
そこで実際にこの綿棒浣腸を試したんですが、最初はうまくいかなくて全然ダメだったんですよね。
でも、何度かやるうちに私も綿棒浣腸のやり方に慣れてきてけっこうスムーズにうんちを出してあげられるようになりました。

赤ちゃんとの呼吸をあわせるというか、タイミングみたいなものもけっこうあったりします。
この辺は赤ちゃんによって個性があるのでなんとも言えませんが、お互いに「慣れ」って必要なのかなと思います。

今回の綿棒浣腸の記事が赤ちゃんの便秘解消に役立てば幸いです!

スポンサーリンク
ABOUT ME
鹿野 かの子
鹿野 かの子
奈良県出身。 結婚するまでは仕事に遊びに忙しくしていたが、結婚を機に初めて県外へ出る。 これまで実家でぬくぬく過ごしていたが、一気に転勤族へ。 乳児を抱え、2回転勤する。 育児に加え、どこでも楽しく生きていく方法を模索し、勉強中。 趣味は旅行と手芸、子どもの写真撮影。
あなたにオススメの記事



スポンサーリンク

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です