赤ちゃんを病院へ連れて行く前に知っておきたい鼻づまりと咳のこと4つ

7afba3c20755786e87be4d1b30a9b489_s
赤ちゃんは風邪をひきやすく、ゴホゴホ咳をしていたりズルズル鼻水と付き合いが長い、ということもよくあります。
発熱がなくとも赤ちゃんが咳や鼻水で機嫌が悪そうにしていたり、母乳やミルクをうまく飲めない、寝苦しそうなどの様子が見られると何とかしてあげたいと心配になりますよね。
病院へ連れて行く前に鼻づまりや咳のことをよく知り、受診のタイミングやホームケアの知識を身につけましょう。

スポンサーリンク

鼻づまりの原因

鼻水が出る、鼻づまりがあるという症状が見られると「病院で鼻水を止める薬をもらう」という考えに至っていませんか?
鼻水は細菌やウィルスの侵入を防ぎ、体外へ排出しようとする大切な役割があります。
薬で無理に止めてしまうと鼻水の粘着性が増し、固まるため余計に鼻が詰まり苦しくなるということもあります。
そのため鼻水止めの薬は処方しない、または鼻水を止めるのではなく外へウィルスを追い出すために鼻水を出しやすくする薬を処方されることが多いようです。

関連:子供の鼻づまりや鼻水に良いと口コミで話題のお薬6つと注意点

スポンサーリンク

咳の原因

咳には鼻水同様、細菌やウィルスを外へ出そうという働きがあります。
そのため鼻づまり同様、薬で無理に止めてしまうことには賛否両論あります。
とは言え、咳が長く続くと他の症状が現れ始めます。
咳が長く続いたことにより喉の奥が炎症を起こし、気管支炎や肺炎になってしまう可能性もあります。
赤ちゃんの咳の仕方、呼吸の様子などをよく観察する必要があります。
一週間以上ひどい咳が続く、胸がゼロゼロいっている、咳で夜眠れないなどの症状がみられた場合は早めに受診しましょう。

関連「コンコン」「ゴホゴホ」赤ちゃんがする咳の種類はどれ?3つの対処法とケアポイント

スポンサーリンク

病院はどのタイミングで?何科へ?

赤ちゃんの病気は何でも小児科で解決できるというわけではありません。
発熱を伴う鼻づまり、咳などの風邪の症状であれば小児科が適切ですが、発熱を伴わない場合は耳鼻科も検討する必要があります。
鼻づまりや痰が絡むような咳の場合は、鼻水や痰を吸引してもらえるよう耳鼻科の受診をお勧めします。
また、赤ちゃんは風邪から中耳炎になることもありますので、そのチェックもしてもらえます。
風邪を引いている、耳をよく触って痛がるような症状が見られたら中耳炎を疑い、耳鼻科を受診しましょう。
症状を訴えることができない赤ちゃんの場合は小児科、耳鼻科のいずれも受診の目安は赤ちゃんの機嫌になります。
多少鼻詰まりや咳があっても、機嫌がよく母乳やミルクをよく飲み食欲があるようなら家庭でできるケアをしてあげながら様子を見ても大丈夫でしょう。

ホームケアで症状を改善しましょう

鼻づまり、咳の症状を家庭で改善していくにはまず、ウィルスが増殖しない環境作りを心がけましょう。
加湿器の利用や、洗濯物やバスタオルを部屋干しにすることで室内の湿度を50~60%に保ち、乾燥対策をすることでウィルスの増殖を防ぐことができます。
喉や鼻も乾燥すると症状が悪化してしまうので、こまめに水分を与えましょう。
鼻詰まりがひどい時は、赤ちゃんが嫌がらなければ蒸しタオルを鼻の付け根に当ててあげると鼻水が出やすくなります。

おわりに

時期によっては、むやみに病院をはしごする方が病気をもらってしまう可能性もあります。
咳や鼻水について知り、赤ちゃんの症状や機嫌などを様子をよく観察して受診の判断をしましょう。

The following two tabs change content below.
ベビハピ編集部

ベビハピ編集部

『赤ちゃんがハッピーなら、世界は笑顔で満たされる♡』をコンセプトに、お子さんとママ・パパにとって有益な情報をお届けいたします!
スポンサーリンク
赤ちゃんを病院へ連れて行く前に知っておきたい鼻づまりと咳のこと4つ
この記事をお届けした
Baby Happiness! <ベビハピ!>の
最新ニュースをいいねしてチェック!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする