便秘妊婦ですがトイレでいきんでも大丈夫?妊娠中の便秘、いきみ方3つのコツ

妊婦のお悩みの一つと言えば便秘ですよね。
妊娠前はスッキリ出ていた人でも、妊娠後に排便で悩むことは珍しくありません。

妊娠中、ウンチが出ないことも悩みですが

妊婦がいきんでもいいのかな?
お腹に力を入れて赤ちゃんに影響は?
いきみすぎて流・早産を招くのでは?

なんて心配もありますよね。
妊婦はお腹に力を入れることにとても気を使うものです。
妊娠中、便秘だからってトイレでいきんでも大丈夫なのでしょうか?

83b42c2d0d35385068b95cbe11d94896_s

こうした心配があり、便秘であってもなかなかトイレでいきめない妊婦さんたち。
便通の悪さでイライラすると同時に、赤ちゃんが心配で神経質になってしまい、余計に便秘を悪化させる方もいるようです。

そこで今回は

  • 妊娠中にトイレでいきんでもOKなのか
  • 妊婦がいきむときの注意点
  • 便秘妊婦のためのいきみ方のコツ

といったところをご紹介していきます!

妊娠中の便秘でお困りの妊婦にぜひ読んでいただきたい内容となっています。
トイレでのいきみ方・コツを知り、排便をスムーズにしていきましょう!

スッキリしたい!妊婦でも服用OK・NGな市販の便秘薬10選
妊婦にとって便秘は、妊娠中に長く付きまとう悩みの種です。 あまりにも長く排便がなく...

スポンサーリンク

妊婦がトイレでいきんでも大丈夫?

基本的に妊婦さんでもトイレでいきんで大丈夫です。
妊娠時期ごとに見ていきましょう。

妊娠超初期・初期・中期くらい

この時期、特に妊娠初期は安定期前で「いきんで何かあったらどうしよう」と心配になるかもしれません。
ですが、排便をうながす程度のいきみというのは、それほど強く子宮に影響を与えません。
子宮口が開いているような時期でもないので気にせず普通にいきむくらいならば問題はないでしょう。

妊娠後期~臨月

この時期はお腹も大きくなりますし、便秘もしやすくなっていますね。
臨月だと子宮口も開いてきていますから、いきみが心配…という方もいるでしょう。

確かにこの時期の強いいきみはあまり良くありません。
軽くいきむ程度にとどめておくのがよいでしょう。
また、下剤により陣痛が促されるというケースもあるので注意が必要です。
出来る限り自然に排便できる状態が望ましいといえます。

適度ないきみは悪いことではない

このように、便秘妊婦がいきむことで赤ちゃんに大きな影響を与えることはほとんどありません。
子宮口が開いているときをのぞいて、多少いきむくらいならばOKなのです。

むしろ流産や早産が怖くてうまくいきめず、排便できない…。
こうした状態は益々便秘を悪化させますし、ストレスや体調不良の原因にもなります。

多少いきむことで排便が進むようならば、その方が妊婦さんにとっても赤ちゃんにとっても良いことなのではないでしょうか。

スポンサーリンク

妊婦がいきむ時の注意点

上記のとおり、妊婦がトイレでいきんでも大きな影響はありません。
それならば安心してトイレに長く籠って強くいきんでいいのかというと、それ
は違います!

便秘の妊婦がいきむ際の注意点をご紹介しておきます。

長時間、強くはいきまない

あまりに長時間、強くいきむことは避けましょう。
いきむことで妊婦にとって良くないことが起きるからです。

  • 血圧の急上昇
  • 子宮収縮

強く長いいきみが、こういった症状の原因になる可能性があるからです。

どれくらいいきめばいいかを知る

いきむ時は『いきむことで便が出るか』が基準となります。
軽くいきんで出ないならば、強くいきんだって出ないことがほとんどです。
妊娠の有無にかかわらず、これって同じことなんですよね。

強くいきんでも排便が難しそうならば無理はよくありません。
産婦人科医に相談して妊婦が飲める下剤や漢方を出してもらった方がいいでしょう。

スポンサーリンク

便秘妊婦が覚えておきたい「いきみ姿勢のコツ」3つ

便秘をしやすい人ほど実は便座に座った時の「いきみ姿勢」が悪いことが多いようです。
お腹に力が入らず、肛門を閉めてしまう…そんな体勢をとってしまうと出るものも出ません。
また、「妊婦なのでお腹への負担が心配…」というママもいることでしょう。

ここでは、便秘妊婦が知っておきたい「正しいいきみ姿勢のコツ」を3つご紹介します!

①息は吐きながら

妊婦だと強くいきみすぎるのは心配ですよね。
なるべく強くならないように排便するには、息を吐きながら力を入れると良いでしょう。
いきんでも、お腹への負担が減らせ、なおかつ適度な力を入れることができます。

ゆっくり大きく息をはきながら、トイレでいきむようにしましょう!

②上半身は前かがみ

便座に座ったら、上半身はなるべく前かがみにしましょう。
そうすることで直腸から肛門まで便の送りがスムーズになります。

ただし、妊娠後期でお腹が大きくなっている場合はお腹を圧迫することがないよう気をつけましょう。

ちなみにこの姿勢をとる時、両肘はふとももに置くと正しい姿勢を取りやすいです!

③かかとをあげる

便秘の方の多くが、かかとに重心がかかっています。
実はかかと重心だと腸に力が伝わりにくくなり、いきんでもあまり効果がでないんですね。

便秘で悩む方はぜひ、かかとを少し上げるようにしましょう。
ちょっとしたいきみでも、腹筋の力を腸に伝えやすくなります。

慣れてしまえば子宮への負担が少なくなります。
さらにいきみの力がダイレクトに腸にアクセスできるようになるでしょう。

そのため、効率よく排泄でき、妊婦の便秘もスッキリ!となるのではないでしょうか。
ただ、妊娠中は足がつりやすいのでかかとを上げる際には注意してくださいね。

いきみはなるべく短く

いきみの姿勢ができたら、あとは先程お伝えしたように

「いきむことで便が出る」

を基準に適度ないきみを行いましょう。
その際に強く長く「ん~!」ではなく、軽く短く「んっ」くらいにしておきます。
長く力を入れすぎても出ないものは出ませんし、妊娠中の体に負担がきます。
でないからと焦らず、いきみはなるべく短くしましょう。

トイレをスパッと切り上げる

妊娠中の便秘はある意味で仕方のないことです。
数日出ないのは当たり前、そう割り切る考え方も必要になってきます。

ですから、トイレに長くずーっと篭っているようなことはやめましょう。
逆にそれがストレスになりますし、「頑張っても出ない」という経験が習慣づいてしまいます。

「出ない時はスパッと切り上げる」方が良いです。
そして、「便意をちょっとでも感じたらこまめにトイレに行く」という習慣をつけましょう。

いきみのコツとはちょっと違うかもしれませんが、こういう感覚も便秘妊婦さんには大切なものです!

妊娠中の便秘を解消する日頃からやっておきたいこと

妊婦であっても、いきみをしてはいけない、なんてことはありません。

ただ、いくら頑張ってもなかなか出ないのが便秘の辛さ…。
便秘は痔や腹痛、その他体調不良など妊婦を悩ますものに繋がります。

便秘を解消したい!そんな時はぜひオリゴ糖を試してみましょう。
腸内の善玉菌を増やしてくれますし、甘味が欲しい妊婦さんの間食にも役立ちます。

トクホ認定でミネラル・カルシウム豊富な「オリゴのおかげ」

オリゴのおかげは整腸効果に加えて妊婦に嬉しいミネラルやカルシウムも豊富。
トクホ認定されているので安心して便秘対策を行えます。

トクホ認定「オリゴのおかげ」

翌朝ドッサリ!自然なオリゴ糖で口コミ人気「はぐくみオリゴ」

はぐくみオリゴは「翌朝ドッサリ出る!」と話題の商品。
自然由来の5種のオリゴ糖を独自ブレンドし、整腸作用効果が高くなっています。
毎月300名限定で50%OFFなので、気になる方はお試しあれ。

【妊婦・赤ちゃんにおすすめ】濃密なオリゴ糖をブレンドした「はぐくみオリゴ」

ベビハピ!的まとめ

今回は妊娠中の便秘時に「いきむ」のは大丈夫?「いきみ方」のコツ・注意点、についてご紹介してきました。

妊娠中、頑固な便秘になってしまうのは仕方のないことではあります。
しかしなるべくスッキリさせたい!
そんな時、ぜひ今回のいきみのコツを思い出してくださいね。

適度ないきみで妊娠中をスッキリと!
今回の記事が便秘妊婦さんの参考になれば幸いです♪

The following two tabs change content below.
ベビハピ編集部

ベビハピ編集部

『赤ちゃんがハッピーなら、世界は笑顔で満たされる♡』をコンセプトに、お子さんとママ・パパにとって有益な情報をお届けいたします!
スポンサーリンク
便秘妊婦ですがトイレでいきんでも大丈夫?妊娠中の便秘、いきみ方3つのコツ
この記事をお届けした
Baby Happiness! <ベビハピ!>の
最新ニュースをいいねしてチェック!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする