すごい!貧血・冷え性、妊婦の悩みを解決する葉酸5つのパワー

6036748007_4cc0fed7d2_b
葉酸には様々な作用があり、妊娠中の様々な悩みを解決してくれます。
ただ赤ちゃんのために摂取するのではなく、母体にも良い効果がたくさんあります!
様々悩みが解決されることを知れば、より葉酸の良さが解り、積極的に摂取しようと思えますよね。
妊娠中に良いと知ってはいるけれど、そこまで気にしていなかった…というママさん必見!
葉酸でどのような悩みが解消されるのかぜひチェックしてみてください!

妊婦の悩みを解決!健康を守る葉酸5つの効果をご紹介します♪

スポンサーリンク

葉酸で妊娠中の貧血を改善!

妊娠中は身体の中の養分を赤ちゃんに与えているので、血液が不足し、貧血気味になることがあります。
場合によっては、鉄剤などを飲まなくてはならないことにもなるでしょう。
血液が不足すると具合も悪くなりがちですよね。
実際に、妊娠中の体調不良の原因の一つに貧血があります。

赤血球の形成をサポート

妊婦さんであれば貧血予防・対策は必須です。
実は、葉酸は赤血球をつくるために欠かせない成分と言われています。
鉄分だけをたくさん摂取していても、血液は十分に作られません。
赤血球の形成をサポートする、葉酸などのビタミンをしっかりと摂りましょう!
葉酸を摂取することで貧血が改善されるので、貧血で悩んでいる妊婦さんにオススメです。

スポンサーリンク

妊婦の冷え性改善には葉酸!

葉酸には、体の代謝をアップさせたり、血行を良くする作用があります。
この2つの作用により、葉酸は女性の大敵である冷え性の改善に効果的となります。
ご存知のように、妊娠中はできるだけ体が冷えないようにしなくてはなりません。
元々冷え性気味の人には葉酸の「冷え性改善効作用」はとても嬉しいですよね。

冬の妊婦の冷え予防に

また、冬場に妊娠期間中となる場合は、特にこの冷え改善を意識する必要があります。
葉酸をしっかりと摂取して、体をしっかりと温めてあげましょう♪

スポンサーリンク

子宮頸がんの予防に葉酸が良い!

葉酸には様々な効果がありますが、実は、子宮頸がんの発生率を抑える作用もあります。
海外の大学が14年間の調査により、子宮頸がん予防の効果を発見しました。
驚くべきことに、葉酸を摂取することで発生率は2分の1から5分の1にまで下がったそうです。

命を守るために

子宮頸がんは妊婦さんだけでなく、女性全てが気をつけて予防をしたい病気です。
葉酸を適度に摂取して、命を守るためのアクションを起こしましょう!

葉酸で妊婦の便秘・下痢を解消!

葉酸には、細胞分裂や再生を促す作用と血を増やす作用があります。
こうした働きが、実は腸の働きをアップさせることに繋がるのをご存知でしょうか?
妊婦さんは様々な理由から、便秘になることが多いですよね。
また、体調を崩して下痢になるケースも少なくありません。

健康で快腸な妊婦生活を

腸の働きが良くなれば、自然と便秘や下痢も解消されます。
母体の健康を守るためにも、しっかりと葉酸を摂取しましょう!

葉酸で健康的な血管を…動脈硬化の予防!

母体や胎児に対して、様々な健康効果を持つのが葉酸です。
実は、動脈硬化という大きな病気の予防にもなります。

妊娠中は血行が悪い?

妊婦さんの血管が悪くなると、赤ちゃんに十分な栄養を送ることができなくなります。
また、子宮の圧迫などにより下半身の血行も悪くなっていますから、妊娠中は余計に動脈硬化を進行させる可能性もあるでしょう。

動脈硬化のリスク軽減

葉酸を摂取すると「ホモシステイン」という物質が抑制されます。
この物質は動脈硬化を促すものであり、増加してしまうと危険なんですね。
葉酸によりホモシステインの血中濃度を低くすることができれば、リスクは大きく低減することができるでしょう。

妊娠中・出産後の健康を

動脈硬化予防は脳や心臓などの大きな病気を予防することにもつながります。
妊娠中はもちろんのこと、出産後も健康的な生活を送るためには、葉酸摂取が非常に重要です!

妊娠中は葉酸をしっかり摂取するために!

このように葉酸は母体の健康を守るのに様々な良い作用があります。
細胞分裂を正しく整える作用があるので、胎児の障害や病気、先天性異常などの予防に役立つでしょう。
また、出産後も質の良い母乳を作るのに必要な栄養素ですし、妊娠前においては妊娠の確立を高める作用も葉酸にはあります。
妊娠中はもちろん、産後や二人目を計画する際など様々な時に葉酸は良い働きを持っているのです。

葉酸が含まれる食材は?

葉酸はレバーや緑黄色野菜、果物などに豊富に含まれています。
ただ、熱に弱く、調理によって破壊されやすい栄養素である、という弱点もあります。
食事で摂取する場合には、調理法を工夫するなどしてみてください。

葉酸サプリで適量摂取!

妊娠中などの葉酸を特に多く摂取すべき時は、サプリメントの利用もオススメです。
葉酸サプリであれば、意識しなくても規定量をしっかりと摂取できます。
また、調理によって栄養素が破壊されることもありませんので、気楽に摂取することができるでしょう。

妊娠中は無添加で信頼性の高い、葉酸サプリを選ぶようにしましょう!

ベビハピ!的まとめ

葉酸は胎児の成長に欠かせない栄養素と言われています。
また、ご紹介したように母体の健康を守るのに多くの役割も担っています。

厚生労働省では妊婦または妊活中に400μgの葉酸摂取を推奨しています。
まずはそれを目安として、食事や葉酸サプリで摂取していきましょう!

The following two tabs change content below.
林まりか

林まりか

3歳娘・1歳息子を持つ20代の母。 周囲に子持ちの知人が少ないため、 ネットでの情報収集にて子育てを円滑にする方法を模索中。 主人の転職で四国の田舎に引っ越し。 子供たちと一緒にガーデニング・家庭菜園などにも挑戦中。
スポンサーリンク
すごい!貧血・冷え性、妊婦の悩みを解決する葉酸5つのパワー
この記事をお届けした
Baby Happiness! <ベビハピ!>の
最新ニュースをいいねしてチェック!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする