高齢の初産って大丈夫?高齢出産で考えられる5つのリスク

2626f119a20e3de36bdfbaf2f80d613c_s
35歳以上での出産を高齢出産といいます。
高齢出産は最近では社会の変化に伴い、珍しくはなくなりました。

しかし、いざ高齢出産に臨もうとすると初産婦では経産婦との違いや、そのリスクが心配になることでしょう。
高齢の初産や高齢出産で考えられるリスクについて勉強しましょう。

スポンサーリンク

①初産と経産婦、高齢出産の定義の違い

基本的には35歳以上での出産を高齢出産と考えます。
ですが、経産婦の場合では40歳以上を高齢出産というのがひとつの定義です。

なぜ、初産と経産婦で高齢出産の定義が変わってくるのでしょうか?
理由としては、母体の状態の違いが挙げられます。

初産では経産婦よりも、子宮や産道が固く、出産に時間がかかるケースが多くなります。
そのため難産になるリスクが高まるとされています。
そこが年齢による定義の違いに繋がっているんですね。

とはいえ、その他のリスクについては初産婦、経産婦に差はありません。
いずれにしても35歳以上の出産ではリスクも踏まえておくことが大切になります。

高齢出産の定義は何歳から?メリット・デメリットも知りたい!
女性の社会進出に伴い、進む晩婚化の影響を受けて高齢出産が増えています。 歳をとってからの出産ってやっぱり大変?いくつから高齢って言われるの? など、疑問や不安もあるのではないでしょうか。 高齢出産の定義…
スポンサーリンク

②流産、先天異常

35歳以上になると、それ以下の年齢に比べて流産の確率が上がるとされています。

自然流産は全妊娠の約10~15%と言われています。
それにに対し、高齢出産となると約20%にまで上がるとされているのです。

年を重ねるにつれて、初産か経産婦かに関わらず卵子の老化が進むことが原因の一つです。
同じ理由で染色体異常など胎児の先天異常の確率も上がります。

高齢出産では医師との綿密なコミュニケーションが重要なポイントとなります。
検診で異常がないか、しっかりとチェックしてもらって、逐一報告をしてもらうという姿勢が必要です。

スポンサーリンク

③妊娠高血圧症候群

高齢出産では「妊娠高血圧症候群」の確率が高くなります。

歳をとるとどんなに元気でも内臓機能の衰えがでてきます。
それが原因で、むくみや高血圧などの症状が見られやすくなるのです。

食事や運動など十分な健康管理に気をつけましょう。
生活習慣の改善が妊娠高血圧症候群の予防につながります。

④帝王切開

医学が発展し、現在は帝王切開そのものにリスクはそれほどありません。
ただ、どうしても自然分娩に比べると母体の回復は遅くなります。

高齢出産においては分娩時間が長くなりやすく、トラブルも多い傾向にあります。
そのため、医師からも事前に帝王切開を勧められることが多いようです。

また高齢出産では、出産予定日を過ぎても陣痛がこない場合もあります。
そうしたケースでは母体・胎児への影響を考え、帝王切開を行うこともあるようです。

⑤番外編!健康面以外でのリスク

高齢出産といえば、母子にかかる健康面でのリスクばかり考えられがちですよね。
ですが、経済面でのリスクも考慮しておくべきこととなります。

出産時の年齢が上がれば、当然子どもにお金がかかる時期も上がってきます。
例えば、35歳で出産すると50代半ばくらいに子どもの「大学進学」「一人暮らし」といった時期とぶつかります。
つまり、そろそろ老後の資金も考えたいタイミングと同じになってしまうんですね。

もちろん、高齢出産では子どもが幼い時には、経済的に安定しているというメリットもあります。
ですが、将来のために教育資金を貯めておかないと後々、苦労する可能性もある、というわけなんですね。

子どもの成長を考え、計画的に貯蓄できるよう気をつけましょう。

教育資金を賢く貯める「学資保険」

保険料の最適化で賢く節約!『保険の優等生』無料相談

【口コミ体験談】高齢出産をして良かった!と思えたこと4選
必ずしも「高齢出産=リスク・デメリット」ではありません。 もちろん、母子に考えられるリスクについて知ることは大切ですが、高齢出産ならではの良い面もあります。 「高齢出産をして良かった!」と思えた体験談を紹介します。…

ベビハピ!的まとめ

高齢出産、しかも初産となるとリスクばかりが気になってしまうものです。
ですが、安産で元気な赤ちゃんを産むことができる人もたくさんいます。
また、「産めると思わなかったから嬉しい」と、高齢での出産の喜びを感じる人も多いです。

確かにリスクは怖いものですが、心配し過ぎるとストレスになります。
お腹の中の胎児にも良くありません。

高齢出産でもリスクを知っておけば回避する・防ぐ方法はいくらでもあります。
まずは母体の健康管理には十分気を配って、赤ちゃんを迎える準備を整えましょう!

The following two tabs change content below.
ベビハピ編集部

ベビハピ編集部

『赤ちゃんがハッピーなら、世界は笑顔で満たされる♡』をコンセプトに、お子さんとママ・パパにとって有益な情報をお届けいたします!
スポンサーリンク
高齢の初産って大丈夫?高齢出産で考えられる5つのリスク
この記事をお届けした
Baby Happiness! <ベビハピ!>の
最新ニュースをいいねしてチェック!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする