お七夜っていつやるんだっけ?数え方と実際の開催日の目安

15010601
お七夜っていつやるんだっけ?なんて思っている方は意外と多いようです。
誕生から何日目になるのか、数え方や実際の開催日の目安などをご紹介していきます。

スポンサーリンク

お七夜って意外と知られていない?

出産後、赤ちゃんにとっても新米ママ・パパにとっても初めの行事となるのがお七夜です。
意外とお七夜の存在は知られていないようで、「初行事はお宮参り」と思っている方も多いようです。
祖父母や親戚から「そういえばお七夜どうするの?」なんて言われて初めて知る方も少なくないのではないでしょうか。

スポンサーリンク

お七夜はいつやるの?数え方は?

お宮参りに比べると認知度が低いお七夜ですが、いつやるのか、数え方はどうすればいいのかなど疑問に思う方も多いことでしょう。
お七夜の目安についてまとめておきます。

・数え方について

赤ちゃんが誕生した日を0として7日目の夜がお七夜となる。
1月1日生まれならば7を足して1月8日が行事を執り行う日となります。
間違って1月7日としないようにしましょう。

・いつやるのか

7日目の夜がお七夜となります。
ですから、その日のお夕飯がお食事会ということになります。
地域によって違いがありますが、夕方くらいから集まることが多いようです。

スポンサーリンク

実際の開催日時はフレキシブルに

生まれた日を0として、7日目の夜にやるのがお七夜です。
正しい数え方としては以上のようになるのですが、赤ちゃんやママの体調などもあって必ずしもその日にやらなくてはいけないということはありません。

たとえば、帝王切開での出産の場合はママの退院がズレこむことも少なくありません。
赤ちゃんが体調不良で予定していた日にお七夜ができないこともあるでしょう。
親戚が集まりやすい日時もあるでしょうから、必ずしも夕飯でなくてはいけないなんてこともありません。
さまざまなものを加味して、お祝いしやすい日を選んというのがお七夜を執り行う目安です。

その他の注意点について

お七夜は赤ちゃんを家族の一員として迎えるために、一族の人たちにお披露目するものです。
その際に命名書を用意してみんなに見せるというのもこの行事の大きな意味になります。
生まれる前や出産してすぐに名前が決まっているということもあるでしょうが、場合によってはまだ悩んでいるママ・パパもいるかもしれません。
とりあえず、お七夜を一つの区切りとして名前をつけるようにしてあげてください。

というのも、日本の法律では生後2週間以内に出生届を出さなくてはいけないと決まっています。
出生から数えて7日目、つまりお七夜は届けを出す1週間前となります。
これくらいまでに決めておかないと慌てることになってしまうんですね。
お七夜の数え方を覚えたついでに、出生届けをいつまでに出すかということも意識しておきましょう。

おわりに

お七夜の数え方やいつやるかということは意外とわからないものですよね。
筆者も「あれ?いつやるんだっけ?」なんて母に聞いてしまったくらいです。
ひとまず、ママと赤ちゃんの退院を待ってお祝いと労いをしてあげて、お七夜を境に出生届けの準備もしていきましょう。

The following two tabs change content below.
麹町 敏郎
ネットを中心にフリーのライターとして活動している37歳。2014年10月1日に第一子が生まれたのをきっかけに、育児サイトを作りたいと思い「ベビハピ!」を立ち上げました。親近感ある記事をお届けできればと思っています!
スポンサーリンク
お七夜っていつやるんだっけ?数え方と実際の開催日の目安
この記事をお届けした
Baby Happiness! <ベビハピ!>の
最新ニュースをいいねしてチェック!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする