お七夜で出すお祝いのお食事ってどういうものがいいの?

9ee3b93435d2cd65013e164b1b3e126c_s
赤ちゃんの誕生から七日目の夜に行われるお七夜。
初めての行事とあって、何を準備したらいいのか迷うかもしれませんね。
お七夜に用意するお食事についてご紹介していきます。

スポンサーリンク

お七夜ってどういうもの?

お七夜はその名の通り、赤ちゃんが生まれてから「七日目の夜」を基準として行われます。
ママや赤ちゃんの状況によっては退院の時期がずれることもありますので、あくまでも七日目というのは目安になります。

生後初めて行われるもので、命名書を作成するなどして「家族の一員」として正式に迎え入れるための行事となります。
地域やご家族によって会の細かい部分には違いがありますが、お七夜は基本的に以下のような流れとなります。

・赤ちゃんとママを病院まで迎えに行く
・家に到着したら命名式を行い、集まってくれた家族や親戚にお披露目する
・命名書は神棚や仏壇、または壁に飾るなどする
・お七夜の会食

命名式を行うとありますが、生まれた時または生まれる前から名前が決まっていることもありますよね。
命名書もお七夜を迎える前に書いているケースも多いでしょう。
命名式と名前がついていますが、どちらかというと「みんなに赤ちゃんを見せる」というのが重要な意味となります。
細かいルールや地域のしきたりなどもあるかとは思いますが、そのあたりはフレキシブルに対応していきましょう。

スポンサーリンク

ママを労う意味もあります

お七夜は赤ちゃんを家族の一員として迎え入れる意味があります。
それと同時に、頑張って一族の宝物を出産したママを労うという意味合いもあります。
子供を産むのは非常に体力を消耗するものです。
体が弱ってしまっているママに豪華なお食事で栄養をつけてもらうとともに、労いの言葉や感謝の気持ちを伝えるのもお七夜の大切な意味になります。
オムツ替えや寝かしつけなどは、パパやおじいちゃん・おばあちゃんなどが率先してかって出てあげましょう。
出産で疲れたママを精神的にも肉体的にも労ってあげてください。

スポンサーリンク

お七夜の食事について

お七夜の食事は尾頭付きの魚(鯛など)やお赤飯、煮物などがメインとなります。
お祝い膳としての扱いになりますので普段の家庭料理とは違って豪華なものです。
和食が一般的ではありますが、最近は洋食や中華などでお七夜を迎えるご家庭も少なくありません。
赤ちゃんを家族に迎え入れる、ママを労うその二つが大切になりますから料理についてはよほどのこだわりがなければ、「頑張ったママの要望」に応えてあげましょう。

料理に関しては仕出し弁当やケータリングサービスで構いません。
お祝いごとというのは何かとバタバタするものですから、自分で作るよりも頼んでしまったほうが良いでしょう。
準備の手間が省けた分、赤ちゃんやママを労ってあげてください!

おわりに

お七夜の食事は生まれてきた赤ちゃんのお祝いをすると共に、ママの体力回復を願って選ぶべきです。
美味しいものを食べてもらってみんなで新しい家族がやってきた喜びをわかちあいましょう!

The following two tabs change content below.
麹町 敏郎
ネットを中心にフリーのライターとして活動している37歳。2014年10月1日に第一子が生まれたのをきっかけに、育児サイトを作りたいと思い「ベビハピ!」を立ち上げました。親近感ある記事をお届けできればと思っています!
スポンサーリンク
お七夜で出すお祝いのお食事ってどういうものがいいの?
この記事をお届けした
Baby Happiness! <ベビハピ!>の
最新ニュースをいいねしてチェック!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする